TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

■イタリア出張2012秋㉗ 憧れのフェニーチェ劇場 ヴェルディ 「オテロ」

ヴェネツィアの迷路のような道を歩いているうちに、白い建物の横にこのような看板を見つけました。

Img_0862

今日の公演はオテロですので、フェニーチェ劇場に違いありません。

チケットを出して通り抜けようとすると、ここは楽屋だとイタリア語でいわれました(苦笑)。

脇道から向かったのでわからなかったのですよね。

数十メートル迷路をすすむと、このとおり、劇場のファサードに出ることができました。

Img_0864

フェニーチェ劇場は、ロッシーニやドニゼッティ、べッリーニなどのオペラが初演されたことで有名ですが、何よりヴェルディの「アッティラ」、「リゴレット」、「椿姫」の初演劇場であることが知られています。

今年はプラハとミラノスカラ座で2度「リゴレット」を観劇する機会に恵まれました。

フェニーチェの意味は、英語ではフェニックスすなわち不死鳥ですが、1836年と1996年の2度にわたって火災により全焼し再建がなされ、完全復活したところから、この名がより世界に知られるようになりました。

2012年11月から始まる今シーズンは、ヴェルディの「オテロ」とワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」というイタリア、ドイツの二大オペラ巨匠の大作を交互に公演するというプログラム。

2013年のヴェルディ、ワーグナーの生誕200周年を先取りした企画です。

まさに記念すべき今シーズンの初月にオテロのチケットを取ることが出来て感動でした。

Img_0865

是非訪れたいと思っていた場所だけに、緊張します。

Img_0866

まずはチケットをもらうと会場に直行。

Img_0868

素晴らしい馬蹄形の劇場です。

Img_0870

Img_0871

Img_0872

Img_0876

新しい劇場であることもあって、素晴らしい装飾ですね。

Img_0907

Img_0914

あたりに人が入ってきましたが、どうもいつもよりもカメラマンが多い。

Img_0884

ふとレンズの向く先を見ると、カイザー席にどうやら特別な人がいるようです。

どなたかはわからなかったのですが、劇が始まる前に全員起立の上、イタリア国歌が斉唱されましたので、たぶん国賓なのでしょうね。

Img_0882

Img_0885

イタリアのオペラ劇場は幕間も素晴らしく、みな着飾った紳士淑女がそろいます。

Img_0891

Img_0892

僕もシャンパンを頂きました。

Img_0895

Img_0901

ヴェルディのオペラ「オテロ」は、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『オセロ』(Othello)が原作で、1887年、ミラノ・スカラ座で初演されました。

「オセロ」は、シェイクスピアの四大悲劇の一つ。

Img_0910

Img_0912

簡単にあらすじを話しますと、ヴェニス軍の将軍であるムーア人(北アフリカのイスラム教徒)オセロが、外国人の成功を妬む旗手イアーゴーの計略にかかり、妻デズデモーナの貞操を疑い殺してしまいますが、のち真実を知ったオセロは自殺するというストーリー。

美しい舞台と素晴らしい演出のもと、オペラを堪能させていただきました。Img_0916

Img_0896


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -