TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

アンナ・ネトレプコのオペラ「椿姫」

昨日はNHKホールで、来日中のロイヤルオペラハウス最後の公演「椿姫」が行われました。

ところがすごいサプライズ。

なんとヴィオレッタ役の代役を「マノン」の4公演を終えたばかりのアンナ・ネトレブコが急遽務めた、というのです。

ヴィオレッタ役のアンジェラ・ゲオルギューがお子さんの手術に付き添うため降板、それをうけて代役をつとめたエルモネラ・ヤオが、初日、3日目の公演で途中降板して、第2幕からアイリーン・ペレスに代わるという予期せぬ事態。

そうした事態の後に、苦肉の策として、ネトレプコがマノン最終日を歌い終わった後に

声の調子が良ければ

ということで、最終日だけマノンから中一日空けて公演したそうなのですが、これを観ることの出来た観客は思いがけないプレゼントをもらったようなものですよね。

僕も「マノン」の会場で、「椿姫」最終日のチケットを売っていたのを見て、

ソプラノも代役だし、クリニックの診療もあるし、今日のマノンは十分楽しめたし、今回は諦めるか・・・

と断念したのです。

もしもあのチケットを買っていたら、世紀のラッキーチケットでした。

目の前にあっただけに、悔しいです。

マノンの最終公演のネトレプコは声の調子も最高潮でした。ヴィオレッタはもともとネトレプコの得意な役です。急遽公演になったとしても十分対応できたのでしょう。

さすが、歌唱力、演技力、声質、声量のどれをとっても今世紀最高のソプラノと言われるだけはあります。NHKのカメラが入っていたという情報もありましたので、放映されることがあれば良いですよね。

こちらはYouTubeで見つけた椿姫を歌うネトレプコ。僕はこのDVDも持っているのですが、まさに2005年のこのザルツブルグ音楽祭でのヴィオレッタ役が彼女の出世作となりました。彼女の歌声も素晴らしいですが、椿姫のこの幕で大きな時計を置くなんて、ヴィリー・デッカーの演出は天才的です。宜しかったらご覧ください。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -