TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ビゼー作曲「カルメン」

昨日は今季のMETライブビューイングのビゼー作曲「カルメン」を観てきました。

2006年から映画館での上映が始まったニューヨークメトロポリタンオペラですが、カルメンはこれで3回目の上映です。

カルメンのオペラですが、実際に観たことがある方はどのくらいいるのでしょうか?

ストーリーも単純明快で、どの曲も聴いたことがある名曲ばかり。

僕はオペラ初心者にどのオペラを最初に観たらよいか聞かれると、まず魔笛かカルメンを観たらよいのではと薦めています。

そして、オペラを観る前に、必ず数枚の演出の違ったDVDで予習してゆくと良いと言っています。

とても楽しめますよ。

男性を振り回す悪女の典型と言われるカルメンは、メゾソプラノの声質を持つ歌手にとっては、ひとつの頂点ともいえる役で、ブルーレイなどの映像で大映しで流れることも多いので、美貌と演技力がある歌手が選ばれるようになりましたよね。

今回のカルメン役のクレモンティーヌ・マルゲーヌも歌はもちろん、演技が素晴らしかったですよ。

今年面白いと思ったのが、ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)、アレクサンドラ・クルジャック(ミカエラ)の二人が、実際の夫婦であること。

良妻賢母になりうるミカエラが、悪魔さながらの女の魅力を全てもつカルメンに負けてしまい、(僕も含めて)男ってつくづくバカだなあと、いつも自戒を込めて観るのです。(笑)。

ですが、幕間でも話題になりましたが、今回のケースはミカエラがホセを家庭に持ち帰るのですから、ミカエラの勝ちですよね。

個別に非常に感銘を受けたのがルイ・ラングレの流れるような美しい指揮でした。

僕の好きだったカルロス・クライバーの指揮に少し似ているなあと思いましたよ。

画像はMETのWEBからお借りしました。

MET_1

MET_2

以下は、過去三回のメトライブビューイングのカルメンの配役です。

2018-19 クレモンティーヌ・マルゲーヌ(カルメン)、ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)、アレクサンドラ・クルジャック(ミカエラ)、アレクサンダー・ヴィノグラドフ(エスカミーリョ)

2014-15 アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(カルメン)、アレクサンドルス・アントネンコ(ドン・ホセ)、アニータ・ハーティッグ(ミカエラ)、イルダール・アブドラザコフ(エスカミーリョ)

2009-10 エリーナ・ガランチャ(カルメン)、ロベルト・アラーニャ(ドン・ホセ)、バルバラ・フリットリ(ミカエラ)、テディー・タフ・ローズ(エスカミーリョ)


「SE215 Special Edition」

ヘッドフォンメーカー「SHURE」の人気モデル「SE215 Special Edition」について、インタビュー記事をご紹介いただきました。

音楽関係の仕事が増えるのは嬉しいです。

モデル

https://tabi-labo.com/290760/shure-music-power?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=facebook_page&fbclid=IwAR30MGgtvBra2aRkcg2xnTyzbNFNQMcSlbKmMY1zzWN7-x6-U7esVV1kaic


題名の無い音楽会 藤田真央さん

毎週楽しみにしている「題名の無い音楽会」。昨日の放送では、今最も注目しているピアニスト藤田真央さんが出演していました。

ちょうど先週ラフマニノフのピアノ協奏曲を生で聴いたばかり。

音楽

先週の感動が蘇ってきました。

どうやったらこんな子供に育つんだろう?笑。


藤田真央さん ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番

今日はお昼休みを利用して目黒にやってきました。

松井クリニックブログにてスーパードクターF先生として有名な藤田全健先生のご子息、ピア二スト藤田真央さんのラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を聴かせていただいたのです。

目黒_1

僕が初めて真央さんの演奏を聴いたのは確か題名の無い音楽会の放送だったのですが、この子は上手いなあと印象に残っていたのです。

まさか彼が藤田先生のご子息だとは思いもよらず、本日初めて生演奏を聴かせていただきました。

目黒_2

目黒_3

しかしながら弱冠20歳、まだ音大2年生で、あのテクニカルな難曲を、ここまであっさりと弾きこなす事が出来るとは!

gifted とはこういう人を言うのですね。

目黒_4

誕生日に最も嬉しいプレゼントでした。

今後も真央さんを注目してゆきたいです。

藤田先生ありがとうございました。

これからクリニックFに直帰します。


METライブビューイング2018-19 ネトレプコのアドリアーナ ルクヴルール

アドリアーナ ルクヴルールを東劇で観てきました。

18世紀前半に実在したコメディー・フランセーズの女優アドリエンヌ・ルクヴルールの愛と死を題材にした、19世紀後半にフランスで大当たりした作品のオペラ化です。

コメディー・フランセーズは17世紀ルイ14世時代の劇作家モリエールが創設した劇場。

現在でもルーブル美術館の横に存続するフランスの劇場です。

今シーズンのMETのパンフレットの表紙になるぐらいの話題作。

舞台女優のトップスターが恋敵の公妃に毒殺されてしまうというショッキングなストーリーに、現在のMETの歌姫であるアンナネトレプコが演じるとあって、きっと感情移入してしまうのでしょうね。

珍しく、感情を乱されるのでライブヴューイングの幕間のインタビューを入れないでくれと、ネトレプコが希望したのだそうです。

歌も素晴らしかったですが、演題はまさに息もつけない展開で、引き込まれました。

MET

この話はノンフィクションですが、届けられた花に盛られていた毒で、アドリアーナは急死してしまいます。

現在ではこの毒はおそらくヒ素だったのではないかと考えられています。

ドラマの世界では良くありますが、注射ならともかく、急速に命を落とすほどの薬理効果のある噴霧剤。

実際にはそこまでの劇薬は数少ないと思います。

ただし、18世紀の時代にこうした毒殺事件が起こったということが公知になっているとしたら、急性のアレルギーショックのようなものを併発したのだろうかなあと、帰り道、医師として色々考えてしまいましたよ。


藤本ミュージックアカデミー

実は今月「藤本ミュージックアカデミー」という会社を作りました。

会社と言っても利益を追求するために作ったものではありません。

自分の音楽に関する活動を収納する「箱」がひとまず欲しかったのですよね。

箱が出来たことで、整理がしやすくなりました。

僕は音楽演奏の専門家ではありません。

けれど半世紀近くのクラシックファンであり、クラシックに限らず音楽を愛しています。

音楽の、特に馴染みの深いクラシック音楽の素晴らしさ、脳や身体に与える影響をわかりやすくそして理系脳で医学的に伝えてゆける場が欲しいと常日頃思ってきました。

また伝えていくだけでなく、同じように音楽愛を分かち合える仲間と交流したり、お互いの知識を研磨しあったりする場も欲しかったのです。

50歳を目処にそうした音楽活動を行なっていきたいと思っています。

音楽の三大要素はリズムとメロディ、ハーモニーです。

原始の時代、リズムは神と繋がるために使用されました。

音階ができたピタゴラスの時代には、メロディを奏でる音楽は薬でした。

中世で音楽はハーモニーの要素を取り入れて神の威厳を伝えるために使われてきました。

僕自身この視点で「音楽は名医」というブログも書いてきました。

http://clinic-f.com/music/index.html

近代科学の大きな功績の一つにアインシュタインの一般相対性理論があります。

この理論の本質的な意義は、空間を固定したものとした3次元空間のニュートン力学に、「時間」の概念を加え、時間と空間即ち「時空」は変化するという理論の元、4次元世界観の下での物の動き、すなわち物理学を単純明解な数式に示した点にあると僕は考えています。

時の流れという1つ増えたパラメータを上手く理論に吸収したわけです。

実は一般相対性理論は、音楽に大きな関連があるのです。

動物に与えられた空間を認識する為の3次元のセンサーが視覚です。

そして、時間の感覚を認識できる頭脳を持った唯一の生物である人間は、時間の流れを含んだ4次元世界を理解するためのセンサーとして聴覚を使う事が出来るようになりました。

聴覚から与えられた情報が前後しては論理や音階が破綻するので全く意味を持たないものになります。

音楽も一般相対性理論も時間軸の概念が意識されないとそもそも存在する事ができないのです。

映画を観て涙を流した経験がありませんか?これは多くの人に経験があると思います。

反対に素晴らしい絵や景色を観ただけで、涙を流した事がありますか?無声映画で涙を流すでしょうか?

人により感受性は違うと思うのですが、数としてはかなり少ないのではないでしょうか。

視覚と聴覚の最も違う点は、空間を切り取る視覚には時間軸が無いために、論理展開が無い。

でも聴覚には時間の流れがあるために論理展開がある事だと思います。

映画の中では論理展開=時間軸を持つ音楽すなわち聴覚刺激が映像とともにあるからこそ感動で涙が出るのです。

人間が共通して持つセンサーには五感があります。それらは味覚 嗅覚 視覚 聴覚 触覚です。

生体を維持するための味覚はまさに1次元のセンサー。

嗅覚は物体との距離を測定する2次元のセンサーであると言えます。

食事一つとっても、単純に味覚だけよりも、嗅覚があるから食事はより美味しくなり、視覚の美しさが入り、楽しい会話や音楽の聴覚刺激があると、より食事を楽しめるのです。

さらには癒しにも繋がる触覚は全ての感覚を網羅した上での5次元目のセンサーとも表現出来るのでは無いでしょうか?

第六感という言葉がありますが、ビジネスの直感や、虫の知らせ、デジャヴ、予言、霊体験などがこれに含まれるのでしょう。

本当は我々の世界はもっと高次元で構成されているかもしれません。

とても良いセンサーを生まれつき持っている直観力に優れた人がいて、何らかの方法で人より多くの次元のパラメータを感知できるからこういう現象が存在するのかもしれませんね。

http://clinic-f.com/music/index.html?fbclid=IwAR1uNYxU1bgyVx3oKCP2KMzBCcaA6JBqmic1GgiPlH2s8HI0pHutcye3PKs

1


今日のBGM

今日のクリニックFでのBGMです。

先日クラシック音楽仲間と話しているときに、マーラーの交響曲第8番の話になりました。

演奏規模が大きく合唱も含め1000人で演奏する交響曲で、時に観客よりも演奏者が多くなる贅沢な曲として知られています。

音楽

僕はこの曲をCDでは何度も聴いたことがあるのですが、コンサート会場では一度も聴いたことが無いのです。

機会があったら聴きに行きたいですね。


ジェームズレヴァイン指揮 ワーグナー作ニュルンベルクのマイスタージンガー

今日は雪の中、沢山の方々にいらしていただき感謝です。

クリニックFの受付にあるテレビ。実はお気に入りのオペラが流れているんです。

DVD_1

DVD_2

今日はジェームズレヴァイン指揮のワーグナー作ニュルンベルクのマイスタージンガー。

超名演でお気に入りのDVDです。


METライブビューイング

昨日はMETライブビューイングに行ってきました。

昨秋にメトロポリタンオペラ(MET)の新音楽監督に就任したヤニック・ネゼ=セガン氏の新演出「椿姫」。

ゲイを公表している数少ない指揮者なのですが、耳の肥えた聴衆が集まるニューヨークMETが、ジェームズ・レヴァインの次に選んだ新監督。ファンとしては本当に楽しみにしていました。今週一週間の上映です。

舞踊、音楽、小説、絵画の4つの近代芸術要素を併せ持つオペラは、僕は人類史上の究極なパフォーミングアーツだと思っているのですが、主要な演目は10種類ぐらいです。

僕のオススメは、初心者向けの椿姫、カルメン、ラボーエム、セビリアの理髪師。

モーツァルトのメロディアスな音楽が好きなら、魔笛、ドン・ジョバンニ、フィガロの結婚。舞台装置が素晴らしいアイーダ、トゥーランドット。

最初から超難解のものに挑戦して聴くなら、ワグナーのタンホイザーやトリスタンとイゾルデ。

オペラ好きが到達する最上級が、演奏だけでも14時間かかる超難解、超大作のニーベルングの指輪みたいな感じでしょうか。

それらが代わる代わる解釈を変えて、演出される。

日本でいうと「忠臣蔵」を誰が演じ、誰が演出するのか?の様な感じで楽しむのです。

特に今年のライブビューイングは、上映される10演題の中に椿姫とカルメンが入っていますので、まさにこれからオペラを勉強したい人にはお勧めです。

今、欧州でオペラを観ると、舞台や主人公の設定があまりに斬新すぎて ??? という時も多いのですが、今や歌手も良く、もっともトラディショナルでスタンダードな演奏を楽しめるのは、ニューヨークのメトロポリタンオペラ(MET)と言えます。

昨年までのMETの椿姫の演出は、2008年にザルツブルグでウィリーデッカーが演出したもの。

https://youtu.be/cFJJ1zFBWgY

舞台装置を最少にしたこのバージョンは話題を呼びました。

もちろん古いバージョンも何度かニューヨークで観ましたし、とても良かったのですが、昨日観た新バージョンはとにかく舞台装飾が綺麗

https://youtu.be/W-zgXbYqv9M

ヴィオレッタ役のディアナ・ダムラウは魔笛の夜の女王役での素晴らしい歌唱テクニックを披露していましたので僕も注目していたのですが、ヴィオレッタもはまり役ですね。

流石の配役です。

ああ、いつかニューヨークに住んで、METに通いたい。笑。

MET


アンチエイジングクラシックコンサート

日大芸術学部出身の美容ライターの安田光絵さんが、聴くだけで綺麗になるアンチエイジングクラシックコンサートを企画されることになり、僕の著作やユニバーサルミュージックから出ているCDの内容を取り上げていただけることになりました。

非常に楽しみです。

音楽はヒポクラテスの時代から薬のひとつでしたが、音楽を聴いての脳の動きは特に今世紀に入ってからfunctional MRIで脳の活動が継時的変化で観察されるようになり、よりよくわかるようになりました。

ピアノ

http://clinic-f.com/music/index.html

よろしかったら僕の音楽に関するブログ記事「音楽は名医」もお読みください。


ジョンレノンのイマジン

最近、ヤフオクでLPレコードをまとめて落として、時間のある朝、一枚づつ聴いています。

今日はジョンレノンのイマジンを聴きました。

LP

高校生の時に、友人がイマジンは凄いと言っていたのですが、当時はその凄さがどうしてもわからなくて、悩んだのを思い出しました。


アルピニストの栗城史多さんを偲ぶ会

昨晩は5月にエベレスト下山中に亡くなったアルピニストの栗城史多さんを偲ぶ会に参加してきました。

くりき_1

くりき_2

いつも山を登る時に頭の中で響いて元気をもらっていたベートーヴェンの第九の歓喜の歌を、登頂した際のエベレストを登る動画に加えたいのでその演奏会をして欲しいと、昨日の日程で東京オペラシティの会場を予約をされてエベレストに向かったのだそうです。

栗城さんはエベレスト山頂未踏のまま亡くなってしまいましたが、彼の思いであった第九の演奏会は開催されましたので、縁あって聴かせていただきました。

くりき_3

くりき_4

くりき_5

まだ35歳の未来ある若者が自らの死をかけてまで追い求めてしまう登山の魅力ってなんなのでしょう?

僕自身にはまだそこまで情熱が湧いたものはありませんが、男としてはある意味羨ましくもありますね。

栗城さんのご冥福をお祈りします。


Queen LPレコードの第1巻

定期購読を決めたディアゴスティーニのQueen LPレコードの第1巻が届きました。

ボヘミアン ラプソディーも収録されています。

CD

思えばCD iTunes が出来て音楽を流して聴くという事に慣れてしまいましたが、レコードはアナログ音源で音色豊かですし、聴くために盤に針を落とす行為が必要ですので音楽を聴く環境が瞬時に整うんですよね。

最近レコードの良さを再確認しています。


ヴェルディの大作オペラ アイーダ

いやーオペラって本当に良いですね〜。

昨日始まった今期METライブビューイング観てきました。

第1作品目はヴェルディの大作オペラ アイーダ。

全ての音符を記憶するぐらい聴き込んだ演目でしたので、本当に堪能しました。

オペラ_1

オペラ_2

オペラ_3

オペラ_4

オペラは文学 絵画 音楽 舞踊の4大近代芸術が全て楽しめる集大成ですが、教養も必要で、舞台を観るごとに発見があります。

このライブビューイングは舞台裏がみえたり、何より翻訳が素晴らしく、時間を見つけて、もう何年も楽しませてもらっています。

特にニューヨークでのアイーダは100名以上の出演者で豪華な舞台セットが作られる事が多く、旬な歌手が選ばれた今期METは特に注目株でした。

ネトレプコのアイーダ役も素晴らしかったですが、僕としてはエチオピア王アモナズロ役のクイン ケルシーの演技が印象に残りましたね。

今期は絶対にニューヨークに観に行こう!


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -