TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

MET今期最終章はマスネ「サンドリヨン」

今期のニューヨークのメトロポリタンオペラ METライブニューイングも週末の土曜日から今季最終章。

第10章マスネ作曲サンドリヨン(シンデレラの事です)が始まります。

met

オペラを敷居が高いと言って敬遠する人もいると思うのですが、音楽、舞踊、絵画、文学の4つの近代芸術の集結であるオペラを楽しまないなんて、人生における喜びを一つ無駄にしているようなものだと、僕は思います。

特に映画館で楽しめるMETライブビューイングは、価格安く、すべてに日本語の字幕が入り、状況によってカメラワークも多彩です。演者のアップがあったり、物語の背景や舞台裏まで紹介されますので、とてもわかりやすく映画を観るようにオペラを楽しむことができるのです。ポップコーンを食べながらオペラを観られるわけですからすごい時代です。

オペラ初心者の方、これからオペラを趣味にしたい人にはお勧めですし、オペラ好きが観てもとても楽しめます。

僕も海外出張や打ち合わせの合間を見て、一作1週間の上演期間中になるべく映画館に足を運ぶようにしています。

映画館での一回の鑑賞は3600円で高めですが、実際に同じ席でオペラを見るとしたら軽く10倍を超える価格になりますので、お得感があるのですよね。

過去10年。パーフェクトに10作観られた年もあれば、今年の様に9作終わった段階で、5作品しか観られなかった年もあります。

先月に来年度のメトロポリタンオペラのライブビューイングの題目が発表されたのですが、これがかなりいいのです。

1

最初はヴェルディのアイーダから始まり、毎年一作品やっているワーグナーの作品は、ヴァルキューレ。

アイーダはワールドカップサッカーの応援歌、ヴァルキューレはフランシス・コッポラの地獄の黙示録の冒頭のヘリコプターのシーンで使われましたので聴き覚えがある人も多いと思います。

こうした曲が、どのような背景の元で演奏されているのか、ぜひご体験いただきたいですね。

https://www.metopera.org/season/2018-19-season


リヒャルト ワーグナーの誕生日

2018年05月23日(水) カテゴリー:音楽

欧州時間の今日はリヒャルト ワーグナーの誕生日です。

2013年のワーグナー生誕200周年にドレスデン歌劇場ゼンパー・オーパーにお祝いに行った時の写真です。

1

この後はバイロイトへ。世界からワグネリアンが集結しましたがもう5年も前の話なのですね。


先月からショパンばかり

お早うございます。

今日はクリニックFの診療日です。

予約をチェックすると今日は満員御礼でひと枠も空きのない状態。

ありがたい限りですね。

僕は好きなクラシックの作曲家が何人かいて、気分によってかける曲を変えるのです。

聴きたくなる時の状況を思い返してみると、仕事がうまく行き、自信に満ちているときはワーグナーばかり聴きますし、気持ちが高揚しているときはベートーヴェン。

何かを集中して仕上げたいときはチャイコフスキー。

映画とかを観てロマンティックな気持ちになっているときはラフマニノフがピンときます。

ただただ気持ちが落ち着いて穏やかな気持ちでいるときはバッハやヘンデルのようなバロックの曲が聴きたくなります。

なぜか、先月ぐらいからショパンばかりを聴きたくなって、クリニックのBGMの選曲もショパンを多く入れています。

繊細なショパンのタッチが今の気分に合うのですが、僕がショパンを聴きたくなるときはちょっと弱っている時なんでしょうか?

こちら、以前にユニバーサルミュージック社から僕が出したCD、美肌ショパンのライナーノーツです。

美肌を実現する音楽~女性ホルモンに働きかけるショパン

日本人女性の皮膚は、欧米人から見たときはもちろん、同じ黄色人種から見てもそのキメの細かさや弾力は非常に優れたものであると以前は言われたものでした。

米と野菜を中心とした食生活や、入浴習慣、「色白は七難隠す」という諺に代表されるような美意識、木でできた通気良い住宅や気温と湿度とのバランス、化粧品へのこだわり・・・といったいくつもの要素が相重なり、それが実際人から見たときに美しい皮膚の印象を与え、そうした評価を不動にしていたのだと考えます。

しかしながら、現在は昔の様な生活が困難な時代となりました。

異常気象ともいえるような気温と湿度の急激な変化に加え、食の安全性が問われ、入浴の習慣も徐々に廃れ、住宅事情もすっかり様変わりしてしまいました。

また、特に大きな変化が女性の社会進出です。

男性と同じように、あるいはそれ以上に忙しく日々を送る女性が増え、これがますます皮膚を過酷な環境へと追いやっているのです。

美肌を手に入れるために絶対的に必要なものがいくつかあります。

そのひとつが自律神経の安定であり、女性ホルモンの活性です。

ところが男性社会で男性と同じように忙しい日々を送るようになると、交感神経が優位になりすぎたり、または男性ホルモンが活性化されすぎて、女性ホルモンに委縮が見られるようになります。

男性にも女性ホルモンが備わっているように、女性にも男性ホルモンが備わっています。

「男性化した女性」が時に様々なメディアを賑わせますが、実際僕のクリニックにも大勢「男性化した皮膚」を持つ女性が治療に訪れます。

こうした女性は皮膚に透明感がなく、キメが荒くなり、毛穴が開き、眉間やおでこに皺が深く刻まれ、何か嫌なことがあったのか、怒っているのかと思わず心配してしまうほど、口元が不機嫌に口角が下がっています。

目にある一定の力はあるものの、クマなどで目の周りにくすみや色素沈着が見られ、顎に梅干しの様な皺が寄っています。

そして一様に疲れた表情を見せるのです。

■女性性を取り戻したい人にはショパンが効く

こうした症状を改善したいと思われる方で、音楽の力を借りたいと思われる方にお薦めしたい名医は、ピアノの詩人 フレデリック・フランソワ・ショパンです。

水分をたっぷりと含んだ女性的な曲で彼の作品は溢れています。

女性性というのは様々なステージがあり、無垢で時に残酷な少女時代、清廉で夢見る乙女時代、愛を知り潤いに溢れた女の時代、子供を産み守るべきものが出来た母の時代、酸いも甘いも嚙み分ける妖艶な熟女時代・・・と、どの女性にとってもそのいずれかには固有の思い出や経験があるかと思いますが、ショパンという作曲家はどの女性のステージも見事に曲とピアノで表現できる稀有な存在であることと思います。

今回ショパンを集めた「美肌」のためのCDを作るにあたり、選挙区を終えた後に予備実験を行いました。

実験は、女性10名に対して「このCDのうち好きな曲を繰り返し聴く」、もしくは「流して一枚のCDをすべて聴く」作業を1日1時間以上、そして特にここが大切なのですが、「若いころの恋愛の楽しい思い出をショパンの曲に合わせて思い出しながら」10日間聴いてもらい、10日後に肌年齢の測定を行うというものでした。

測定には、株式会社伊藤超短波社に協力をお願いし、サイバースキンチェッカーを使用しました。

さて、10日後。

肌年齢を測定したところ、僕自身驚く結果を得る事となりました。

なんとわずか10日間で、約10歳の若返り効果が観られたのです。

正確には10名の女性の実年齢が平均42.6歳、肌年齢機器による年齢が平均40.8歳であったのに対し、10日間の実験後には肌年齢が平均30.9歳と、実に9.9歳も肌年齢が若くなっていたのです。

実年齢、肌年齢、実験後肌年齢をpaird- T 検定で比較すると、統計学的にP<0.03の有意差をもって肌年齢が若返ることが証明されました。

自由度9で統計の優位差を出すのはかなりハードルが高いのですが、より人数を増やし、検証する価値があると思いました。これは正直、予想を超える効能でした。

サイバースキンチェッカーは 「肌のハリ、水分量、油分量、色彩」の4点において肌年齢を測定しますが、それぞれ、肌のハリと水分量のパラメーターが上昇 油分量が低下 肌の色彩(シミやくすみ)のパラメータにはまったく変化がありませんでした。

音楽はあくまで脳の反応を引き起こすトリガーであって、より正確に言うと脳に対し直接的な作用があることはもちろん考えられますが、間接的に脳内の過去の記憶を引き起こす補佐をするものとしての役割も非常に高いと考えられます。

今回の場合はショパンによる音楽的な効果に加え、曲に乗って過去にあった恋愛感情を思い出してもらうことで、体内に新たなホルモンの活性化が起こったと考えてよいのではないでしょうか。

ここにかかわるファクターはステロイド骨格を持つ性ホルモンの影響だと考えられます。

女性ホルモンであるエストロゲンが上昇したことで肌のハリと水分量が上昇し。

男性ホルモンであるアンドロステロンが減少することで油分量が適度に低下したことが、肌年齢を大きく下げたことにつながると考えています。

考察としては、現代の生活を続けると、仕事や生活などの多くのストレスにより女性は男性化してしまいます。

一日一時間だけ、素の女性に戻ることを習慣づけてもらうことがいかに肌にとっても大切であるということですよね。

ちなみに同時に行った男性の4名では優位差は見られず。こちらも医師としては興味深い結果でした。

本CDは、ジャン=イヴ・ティボーデ(ピアノ)による舟歌で始まります。

この曲に出てくる船は、ヴェネツィアの運河を往くゴンドラであり、ゴンドラ漕ぎの歌に由来すると言われています。

どうかショパンのゴンドラに乗って、ゆらゆらと女性性を豊かにする小旅行に出かけてみてください。

愛しい人の顔を思い浮かべ、女性として微笑みを携え、流れるような優雅さを指先や視線で再現してみてください。

一周CDが終わる頃には何かが変わっているはずです。

繰り返し何度でもこのCDを聴いて頂くことで、確実に女性であることを楽しめる皮膚に変化を感じて頂けることと思います。

https://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E6%9C%AC%E5…/…/B011CW5MS4

ショパン


新感覚のクラシックコンサート「リラクシーモ」

今日の診療後は、友人の金沢工業大学の松林教授が企画に加わった五感に働く新感覚のクラシックコンサート「リラクシーモ」へ。

桐朋学園の学生さん達のオーケストラの演奏。

プロジェクションマッピングが素晴らしいです。

コンサート_1

コンサート_2

コンサート_3

コンサート_4

コンサート_5

コンサート_6

コンサート_7

コンサート_8

コンサート_9

実は初めて川崎で降りました。


ショパンコンプリートアルバム

2018年01月20日(土) カテゴリー:音楽

クリニックFの外来。

最後の患者さんが終わりそうです。

ショパン

こちらのショパンコンプリートアルバム。

ポリーニの奏でるショパンの舟歌に癒されています。

バルカロール(舟歌)の題目の曲は多くの作曲家によって作られましたが、ヴェネツィアのゴンドラ漕ぎの歌に由来すると言われていますよね。

ショパンの最高傑作という人も多いです。

聴けば聴くほど良さと伏線の素晴らしさがわかる曲の一つです。


ハドソン川ほとりの高層マンションにてー科学と音楽は極めて近いところにいる

ニューヨークで御縁が繋がって、ブロードウェイのミュージカルで著名な作曲家のご自宅に呼んでいただきました。

ハドソン川のほとりの高層マンションに、リビングには大きなグランドピアノ。

素晴らしい借景とサンセット。

FBは載せて良いよと言ってくれましたが、wikiにも載っている方なので、個人や場所が特定できないように書きますね。笑。

1
僕が

レーザークリニックを東京でやっているのだけれど、昔から大のクラシック音楽ファン。今回もブロードウェイを2つ観て、昨晩はMETOperaにも行ってきた。実は音楽が脳に与える影響について研究していて、ユニバーサルミュージック社からCDを出していたり本やテレビでも話すことがある

と立て続けに言うと、彼も実は昔神経外科医のセッションで呼ばれて音楽について語ったことがあり、脳と音楽の話題では、とても良い話ができたと思うよ、と。

全く違う世界の住民ですが、一気に親しくなりました。
美味しいシャンパンに僕もほろ酔いでショパンを弾いたりしたのですが、彼にピアノを代わり、ちょっと弾いてもらうと、全く新しい素晴らしい旋律が伴奏付きでピアノから奏でられるのです。今ショパンのCodeをイメージして弾いたんだと。さらに驚いたのは子供の頃からフットボールに夢中で選手になるつもりで、正式に音楽を習ったことが無いのだとか。まさにギフティッドとはこの事ですね。
彼の作り出す音楽を録音して助手が譜面に書き取り、それをオーケストライズするという作業でミュージカルの音楽になるそうなのですが、話している最中も、ちょっと良いかなと席を外してそうした作業をするのです。
僕は科学と音楽は極めて近いところにいるという意見の持ち主なのですが、この2つの領域の共通性は創造性と独創性を大切にする事だと思います。

僕自身も自分が行う全ての作業の中で、創造性と独創性というものを最も大切にしてきたつもりです。

医療の中でも独創性が生かせる新しい分野であるレーザーを専門に選び、週の半分は大学の研究室などでそうした創造性を豊かにするための作業に取り組むことが出来るよう、自分の環境を整えてきたつもりです。
作曲の世界では、遥かに独創性や創造性が試され、努力というより才能がものをいう世界です。

微分積分や相対性理論はニュートンやアインシュタインがいなくても誰かが数百年後には理論構築できたと思いますが、アイネクライネナハトムジークや第九の歓喜の歌は、モーツァルトやベートーヴェンがいなければ絶対に存在しなかったのです。
世界の文化が集まるニューヨークはブロードウェイで、音楽の世界で生きて行けるのは、本当に素晴らしい事ですよね。

東京公演の際の再会を約束し、僕は東京の企業とのスカイプ会議の時間のためホテルに戻りましたが、とても素晴らしい体験をさせていただき多くの刺激をいただきました。

何事もご縁ですね。


Musical Aladdin

今日は晴れていますがマイナス9℃。

2

ニューヨークは本領発揮の寒さです。

昨日予定だったアポが先方の都合で今日にずれたので、昨日の昼はブロードウェイのチケットを探し、アラジンを観る事にしました。

1

今ニューヨークのブロードウェイではアラジンが圧倒的に人気。

去年の夏に来た時はチケットが取れず、僕はロンドンのウエストエンドで観たのです。
英米で演出の違いは多少あるものの、このミュージカルの素晴らしさは、衣装や装飾が素晴らしくカラフルで美しいところ。

そして「ヴァン・ クリーフ アーペル」の〝アルハンブラ〟を連想させるアラビア風の背景。

とにかく舞台装置の美しさは目を見張りますね。

534
僕は2度目の観劇でしたが、ジェニー登場のシーンで

「ジェニー、お前は本当にランプから来たのか?」

「いや実はクリーブランド出身」

などなど漫才の様に早口で立て続けにジョークが織り込まれています。

僕も1度目に気づかななかったジョークにも笑わせてもらい、本当に楽しませてもらいました。

チケットがなかなか取れませんが、ニューヨーカーは子供から大人まで楽しんでいる感じです。是非お勧めします。
今日は車で移動。

昨日に予定されていたアポをこなして来ます。

明日はちょうど夜の時間に日本とのスカイプ会議が入っていますので、夜の観劇は難しく。そうなると帰国までにあと一つしか観られません。

オペラかミュージカルか、はたまたスポーツ観戦か。

迷うところです。

贅沢な悩みですが、昼は真面目に仕事を入れていますのでその分楽しもうと思います。笑。


Le Nozze di Figaro at The Metropolitan Opera NYC

約2年ぶりにメトロポリタンオペラに帰って来ることができました。

183

最近はシーズン中ニューヨークに来られず、もっぱらライブビューイングばかりだったので感動はひとしお。

舞台芸術は人類最高の文化の一つですね。

今日の演題はフィガロの結婚のリバイバル。

4526

7

何度観ても素晴らしいメトロポリタンオペラの演出です。


モーツァルト療法の和合治久教授と講演

モーツァルト療法の和合治久教授と、音楽が脳に与える影響について講演させて頂きました。

音楽_1

音楽_2

音楽_3

音楽_4

昨年に引き続き、二次会カラオケでも非常に盛り上がり、体と音楽の関係について、対談した本が出せないかと和合先生が仰ってくれました。

何処かの出版社で企画受けてもらえないですかね?


銀座一丁目で音楽についての講演

今日のクリニックFの外来は、東京でのクリスマスディナーパーティーのために上京されている方が多く、朝から超満員でスタッフが足りずに、バタバタしてしまい申し分けありません。

講演

明日は銀座一丁目で音楽についての講演をさせていただきます。


METライブビューイング モーツァルトの「魔笛」

今期のMETライブビューイング第2回は、明日から1週間モーツァルトの魔笛の上演です。

magic flute

「魔笛」はドイツ語圏の親が、子供に初めて観せたいオペラと言われています。

僕も数年前に、自分の息子達をオーストリアのブレゲンツ水上音楽祭に連れて行き、オペラデビューさせ夢を果たしました。

いい思い出です。

子どもでも飽きない素晴らしい旋律、名曲が続きますが、実は魔笛を発表した数ヶ月後に、まだ30代のモーツァルトは突然亡くなってしまいます。

魔笛には、秘密結社の「フリーメイソン」の教義が多く書かれており、それらを漏らしたため暗殺されたとの説もありました。

確かに魔笛を観ると、フリーメイソンが好む3人の登場人物が沢山出て来ますし(夜の女王の3人の侍女、3人の童子、3人の神官)、第一幕で善役と思われた夜の女王が第二幕で実は悪役だったと判明したり、王子タミーノが試練を乗り越えて、悟りを拓いて行く様はフリーメイソンの思想を具現化した設定なのでしょう。

モーツァルトと同じくフリーメイソンの会員だった文豪ゲーテは、フリーメイソンの教義をモチーフにしたこの設定に感激し、魔笛の第2章を書くことに挑戦したようですが、完筆とはならなかったようです。

僕も必ず観に行きたい演目の一つだったのですが、問題は年末のこの過密スケジュールの中、いつ時間をつくるかですね。笑。


今日もクリニックFの外来です

今日もクリニックFの外来です。

11月18日はミッキーマウス&ミニーマウスの誕生日だったってご存知でしたか?

89歳なのだそうです。笑。

年末に向け、様々なスケジュールがおしていて、今日は癒やされる音楽を聴きたいなあと出してきたのが、羽田健太郎さんのディズニー ピースフル・ピアノ・メロディー Soundtrackです。

1999年にディズニー デライトフル・ピアノ・メロディーと共に発売された、羽田さんアレンジのピアノによるディズニー曲ですが、これがまた癒やされるんですよね。

ミッキー

ディズニー ピースフル・ピアノ・メロディー Soundtrack

ふとアマゾン検索してみたら、仕入れの問題もあると思うのですが新品はなんと29800円。

さらに、中古のCDの値段も高騰中。

やっぱり誰もが好む名盤なのですね。

YOUTUBEで音源を探したのですが、見つけられず。

クリニックFでも流すことができますので、お声がけ下さいね。


音楽療法の和合治久教授とクリスマスパーティー

先週末にタイの学会より帰国して、今日はクリニックFの外来です。

これから年末に向け予定が目白押しですが、一般の方向けの催し物を1つ。

クリスマス

音楽療法の和合治久教授と昨年開催してご好評をいただいたクリスマスパーティーが本年も開催される事になりました。

よろしかったらお出かけくださいね。


フランツ・リスト空港にて

ブダペストのフランツリスト空港に着きました。尊敬する作曲家兼ピアニストの名前がついた空港。

なんだか嬉しいですね。

超絶技巧でピアノコンサートという全く新たなビジネスモデルを作り上げ、欧州中を演奏旅行したリストも、私の心は祖国ハンガリーにあると常々言っていたようです。

99

ちょっと時間があるので先ほど思いついたことを書きます。

海外の街の一人歩きで、僕は脳トレとアンチエイジングを意識する様にしています。

まずは脳のトレーニングについて。

新しい街に行く際には、感性を高めるために、なるべく写真も見ずに予備知識を入れないで行く様にしています。

その街に向かう機内か電車内で初めてガイドブックを開き、短時間で街の情報を一気に記憶する事で短期記憶力を鍛えるのです。

さらに、女性や子供連れにはお勧めしないですが、目的地に着いたらタクシーは使わず、ガイドブックに頼らず、現地の言葉の表示だけでホテルや目的地にたどり着くようにしています。

未知の言語も多いのですが推理力や洞察力が鍛えられます。

自分にとっては日本人と話さずに英語で物を考える時間もとても大切だと思っています。

ご存知の通り、英語と日本語では脳を使う部位が変わりますので、思考パターンも性格も変わると言われています。

日本語で考えている自分に対して、英語で思考する自分が客観的に判断を下すこともできます。

街歩きも、ある意味目的地を決めて効率良く地図をなぞるオリエンテーリングみたいなもので、論理構成力や優先順位の決定力が上がると思います。

特に男性は、中年以降男性ホルモンの低下により、好奇心と意思決定能力が落ちますので、会社の経営者などには、他に無い良い脳トレであると言えると思います。

次にアンチエイジングについて

抗加齢に効果があると立証されているのは、適度な運動と腹八分目の食事しかありません。

海外の街、特に古い町は車で動く様にできていません。ひたすら街を歩く事でより多くの発見があります。

僕は日本では会議を兼ねた会食が多いのですが、海外一人旅での食事はダイエットも兼ねてなるべく粗食にする様にしています。もちろん友人と会う時は別ですが、それも体質を変える様な断食に近いダイエットをする訳ではありません。

時間的な制約がハードな国内ではできませんが、海外では時差がありますので、朝に沢山食事を食べておくと、昼夜は本当に軽食で大丈夫な事が多いのです。

その代わりにビタミン剤と栄養補助食品は欠かさずに服用します。これらを海外出張に持って行く様になって、現地で風邪をひかなくなりました。

大切なのは、商材を一種類にせず、自分で気に入っている複数の企業のものを順番に飲むようにしていることです。

 

サプリメントを含めたアンチエイジングの食材は、ある意味攻撃というよりも守備に近く、分散投資型に満遍なく抜けが無くというのが基本ルールで、一品目に賭けてその商材だけを食べ続けるべきでは無いと僕は考えているからです。


王宮に建つマーチャーシャ教会 パイプオルガン

ブダペスト最後の夜はオペラ座チケットは取れなかったものの、王宮に建つマーチャーシャ教会でのパイプオルガンコンサートに行きました。

3132333435

この教会は音響効果が素晴らしい事でも知られていて、パイプオルガンが鳴り響く荘厳な雰囲気に、まさに神を感じました。

宗教が音楽を利用したのが分かる気がしましたね。さて僕はいよいよ帰国です。

JALなので、ヘルシンキ経由です。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -