TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

「ボヘミアン・ラプソディ」

QUEENのフレディ・マーキュリーの「ボヘミアン・ラプソディ」ご覧になりましたか?

クイーンの素晴らしい名曲が流れる映画でしたが、内容はLGBT映画でもあり、フレディだけがクイーンじゃないという製作者側の意図も多分に含まれる内容でしたので賛否は分かれるでしょうね。

しかしながら、フレディ(ラミ・マレック)、ブライアン・メイ(グウィリム・リー)、ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のキャストがあまりに似過ぎていて、古くからのQUEENファンとしては、すぐに映像に感情移入できました。

オペラ、クラシック、ハードロックの要素を入れたQUEEN独特の曲想と、ちょうどミュージックTVが流行り出した時の、あのフレディの圧倒的な歌唱力とパフォーマンス能力。

フレディの天才性を新たに追体験させてもらうことができました。

中学生の次男を連れてゆきましたが、「超感動した。最後のコンサートシーンでは背中にびっしょり汗かいた。」と言っていました。

映画館で大音響で観てよかったです。

映画冒頭と最後のシーンになった1985年のLIVE AIDは僕もよく記憶にありますが、動画を見つけましたよ。

クイーン

そして、2016年にスイスのクリニックラプレリーを訪問した時の僕のブログ国際学会周遊記、フレディーが晩年を過ごしたモントルー パレス ホテル521号室(の扉までですが)を観に行った時の話です。

http://clinic-f.com/blog/international/post_11253/

よろしかったらご覧くださいね。


MET今期最終章はマスネ「サンドリヨン」

今期のニューヨークのメトロポリタンオペラ METライブニューイングも週末の土曜日から今季最終章。

第10章マスネ作曲サンドリヨン(シンデレラの事です)が始まります。

met

オペラを敷居が高いと言って敬遠する人もいると思うのですが、音楽、舞踊、絵画、文学の4つの近代芸術の集結であるオペラを楽しまないなんて、人生における喜びを一つ無駄にしているようなものだと、僕は思います。

特に映画館で楽しめるMETライブビューイングは、価格安く、すべてに日本語の字幕が入り、状況によってカメラワークも多彩です。演者のアップがあったり、物語の背景や舞台裏まで紹介されますので、とてもわかりやすく映画を観るようにオペラを楽しむことができるのです。ポップコーンを食べながらオペラを観られるわけですからすごい時代です。

オペラ初心者の方、これからオペラを趣味にしたい人にはお勧めですし、オペラ好きが観てもとても楽しめます。

僕も海外出張や打ち合わせの合間を見て、一作1週間の上演期間中になるべく映画館に足を運ぶようにしています。

映画館での一回の鑑賞は3600円で高めですが、実際に同じ席でオペラを見るとしたら軽く10倍を超える価格になりますので、お得感があるのですよね。

過去10年。パーフェクトに10作観られた年もあれば、今年の様に9作終わった段階で、5作品しか観られなかった年もあります。

先月に来年度のメトロポリタンオペラのライブビューイングの題目が発表されたのですが、これがかなりいいのです。

1

最初はヴェルディのアイーダから始まり、毎年一作品やっているワーグナーの作品は、ヴァルキューレ。

アイーダはワールドカップサッカーの応援歌、ヴァルキューレはフランシス・コッポラの地獄の黙示録の冒頭のヘリコプターのシーンで使われましたので聴き覚えがある人も多いと思います。

こうした曲が、どのような背景の元で演奏されているのか、ぜひご体験いただきたいですね。

https://www.metopera.org/season/2018-19-season


007ユア アイズ オンリー

2018年05月22日(火) カテゴリー:映画

先週訪れたギリシャの世界遺産。

メテオラの映像を007ユア アイズ オンリーを見直して復習しました。

1

主題歌のYour Eyes Onlyはあのシーナ イーストンが歌っていたのを思い出しました。

80年代だなあ。

前作ムーンレイカーで潜水艦に変わったロータスヨーロッパが再び登場してカッコ良かったです。

でも1981年の映画は時間がのんびりと感じますね。


ゴッドファーザーを20年ぶりに観直

今月シチリア島に行ったので、ゴッドファーザーを20年ぶりに観直したのですが、本当に奇跡のような映画ですね。

高校生の時に最初に観た時の印象は、なんてスローテンポな退屈な映画かと。

社会人になってから、DVDを買って観た時はファミリーについて考えさせられました。

今は息子達がいますので父として感情移入してしまいます。

ストーリーもロシアのマトリョーシカ人形のように、綺麗に伏線が引かれていて今更ながら、気付きが多かったです。

さらに、とにかくマーロンブランドの演技が素晴らしい。

映画


映画「LA LA LAND ラ・ラ・ランド」先週観てきました

2017年03月08日(水) カテゴリー:映画

映画「ラ・ラ・ランド」を先週観てきました。

様々な意見があるようです。でも僕は素直に好きでしたね。

映画が大好きな監督の作った、過去のミュージカル作品、鬼才と呼ばれた監督や俳優たちへのオマージュと、自身の作り出す天才的な映像効果、美しい配色。やはり冒頭のシーンで僕も驚き、魅了されてしまいました。

現代の、現代だからこそできた映画だと思います。

 

映画

http://www.gq.com/story/la-la-land-review

前作セッションもよかったです。


ご冥福をお祈りします

2016年12月28日(水) カテゴリー:映画

エピソード8−9のシナリオ変更が必要になりますね。

残念です。

ご冥福をお祈りします。

%e6%98%a0%e7%94%bb


Amazonから届いた佐藤優、出口治明、SPIRITED AWAY

Amazonから届いた本。

books

今週は佐藤優と出口治明の歴史物、地政学ものにハマってみようと思います。

そして、もう1つ。

blueray

台湾出張の際、九份の「阿妹茶酒館」でお茶を飲んだので、久しぶりに「湯婆婆の屋敷」を観返してみようと思います。


ダウントン・アビー

2016年05月13日(金) カテゴリー:映画

面白いというのでまず第1巻買ってみましたが。。。

ダウントアビー

「ダウントン・アビー」

果たして観る時間があるのか?


映画「イニシエーション・ラブ」

2016年02月06日(土) カテゴリー:映画

カタール航空の国際便で、

「あなたは必ず2回観る」のキャッチフレーズに惹かれて、

ついつい機内で観てしまった映画「イニシエーション・ラブ」。

最後の5分の逆転劇が色々な意味であまりに衝撃で、

本当に2度観してしまいました。

本

原作の小説も読んでみましたが、あの映画の完成度はすごい。

よくあそこまで再現できたな。

映画も小説もお勧めです。


映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 」 ワーグナー楽劇「ニーベルングの指輪」

2015年12月28日(月) カテゴリー:映画

今年最後の日曜日。

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観ようと映画館を探したのですが、3Dで観ることのできる映画館はほぼすべて完売です。

日本橋のTOHOシネマズで唯一11時半の枠が空いていましたので、久しぶりに日本橋まで出かけてきました。

映画_1

映画_2

ジョン・ウィリアムスの壮大な管弦楽をバックに、STARWARSのロゴが3Dで浮かび上がり、episode VII の文字がスクロールされたときは僕も一瞬鳥肌が立ちました。

映画自体も過去の映画を彷彿とさせるシーンもありとても良かったです。

故郷を離れ、社会で善悪の価値観を学びながら、偉大な父を倒し、父を超えてゆく子供たちの物語。

主人公の血脈を大切にして代替わりしてゆくのは、歴史の浅い米国にとってある部分神話の役割を果たしているのでしょうね。

前情報で、英国なまりで話すストーム・トルーパーが実は007シリーズでお馴染みのダニエル・クレイグによるカメオ出演だと聞いていました。

よく見ないと見逃してしまうとの話でしたが、僕は見つけましたよ(笑)。

***

スター・ウォーズを観るたびに思うのが、リヒャルト・ワーグナーによる歌劇「ニーベルングの指輪」から受けている多くのインスピレーションについてです。

ワーグナーの指輪物語は、世界を手に入れることのできる能力を持つラインの川底の黄金から出来た指輪をめぐっての物語。

◇序夜『ラインの黄金』
◇第1夜『ワルキューレ』
◇第2夜『ジークフリート』
◇第3夜『神々の黄昏』

の楽劇 4夜で完結しますが、こちらも主人公が代替わりして複雑に展開しますので、すべて観ると16時間を超えてしまいます。

マリインスキー

ロシア

*2009年7月 ロシア サンクトペテルスブルグ マリインスキー劇場にて第3夜『神々の黄昏』を鑑賞

***

そもそも、オペラは文学・音楽・絵画・舞踊の4大近代芸術すべての要素を併せ持ち、且つそれらの集大成でもあります。

こうした芸術を楽しむには感性だけでなく教養も必要です。

ブルーレイや映画館などの映像システムによって時間空間を超えた場所で繰り返し楽しむことができるようになったのは、20世紀の飛躍的な進化ですよね。

ワーグナーはこの4つの作品を演奏するだけの目的で、バイエルン国王ルートヴィヒ2世の資金援助を得ながらバイロイト祝祭劇場を造りました。

バイロイト1

バイロイト

この劇場は音響効果が素晴らしいばかりでなく、オーケストラが観客席から見えないように設計されています。

いわば現在の映画館の発想そのものです。

特に長い物語ですので、主人公の登場の際に、ライトモティーフと呼ばれるテーマソングを利用して理解を深めるようにしたのですが、こちらはダースベーダーの登場の曲や、主人公がフォースを使う時の曲などの発想につながったという話は有名ですよね。

ワルキューレの第三幕で用いられる「ワルキューレの騎行」の壮大な音楽は、地獄の黙示録でもアパッチの爆撃シーンで使われましたが、その後の映画に大きな影響を与えたのでしょうね。

Wagner

*2013年5月 バイロイトの街 ワーグナーの銅像の隣で

 

スター・ウォーズのキャラクターを利用した新たな三部作が、この後どのように展開してゆくのか楽しみです。

***

 

映画_3

写真は映画鑑賞後に食べたラーメン。「とんこつらーめん俺式」日本橋店(らーめん専門店 せたが屋系列)にて。

こちらも美味しかったですよ。


「SPECTRE 007 スペクター」ようやく観ることが出来ました

2015年12月06日(日) カテゴリー:映画

ようやく観ることが出来ました。

「007 SPECTREスペクター」

007

本作最高です。

ダニエル・クレイグの3作品でかけられた謎がほぼすべて解けます。

カジノロワイヤル、慰めの報酬、スカイフォールの3作品を事前に予習(復習?)してきて良かったです。


007の最新作スペクター公開が待ちきれません

2015年12月01日(火) カテゴリー:映画

シリーズ最高傑作の誉れ高い007の最新作スペクター公開が待ちきれません。

先行公開観に行けなかったので、夜な夜なダニエル・クレイグの過去の3部作、カジノロワイヤル、慰めの報酬、スカイフォールをブルーレイでお復習いしています。

イギリス英語のリスニングにもとてもいい教材です。

007

実は僕はダニエル・クレイグと誕生日一緒です。

3月2日。

密かに自慢です。


今季のMETライブビューイングが始まりました

先週より今季のMETライブビューイングが始まりました。

第1作の『イル・トロヴァトーレ』(Il Trovatore )銀座の東劇でみてきましたよ。

オペラ_1

こちらには過去数年分のライブビューイングのポスターが並んでいました。

ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全4幕からなるオペラ。

1853年ローマで初演のヴェルディ中期の傑作の一つです。

舞台は15世紀のスペイン、中世後期のイベリア半島北東部、現在のスペインのアラゴン州に存在した王国であるアラゴン王国です。

主演のロシア出身のアンナ・ネトレプコはMETで歌い始めてから13年目のシーズン。

まさにトップスター、METの歌姫としてまさに円熟期ですね。

素晴らしい公演でした。

オペラ_2

オペラ_3

オペラ_4

オペラ_5

オペラ_6

オペラ_7

オペラ_8

同じくロシア出身のディミトリ・ホヴォロストフスキーはまさに今年脳腫瘍の手術から復帰したばかりで、登場の際にはMETの観客が暖かい拍手でこたえていました。

韓国出身のヨンフン・リーも、以前ヨナス・カウフマンの代役でMET日本公演で歌ったときに聴きましたが、素晴らしい歌手になりましたね。

オペラの物語に関しては敢えて触れませんが、最後の驚く復習劇に背筋が凍りますよ。

次回はヴェルディのオテロ。

オテロは3年前にヴェネツィアのフェニーチェ劇場で観ましたが、楽しみです。

指揮:マルコ・アルミリアート 演出:デイヴィッド・マクヴィカー

出演:アンナ・ネトレプコ、ディミトリ・ホヴォロストフスキー、ヨンフン・リー、ドローラ・ザジック、ステファン・コツァン


マーティが来た未来は2015年10月21日

2015年10月20日(火) カテゴリー:映画

「Back to The Future バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」 の映画を観返してみました。

映画_1

本当だ。

マーティが来た未来は2015年10月21日。

映画_2

多くは実現していますね。

映画_3

自動犬の散歩ロボットはドローン改良型でできそうです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -