TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

温泉(スパ)施設とレーザー治療のコラボレーション

温泉(スパ)施設とレーザー治療のコラボレーションに興味があります。

温泉について知識を深めようと、本を読み始めました。

新しい分野での僕の勉強法は

➀その分野の一般書を濫読する。

➁成書を通読する。

➂英文論文を精読する。

の三段階です。

本

多くの本を速読、濫読することで、脳の中に知識の本棚を作り、空いた空間に成書を読むことで知識を埋めてゆきます。

さらに最新英文論文を読み、専門知識を深めてゆくのです。

今年中には温泉療法の本が書けるかな。(笑)。


僕の新刊「ディフェンシブ栄養学」の招待講演

僕の新刊「ディフェンシブ栄養学」の招待講演が無事に終了しました。

三大栄養素を軸に、必須栄養素を満遍なくとる必要があるけれど、適切な食習慣や食材、必要な栄養素の配分は、個人個人で違うものなので、自分の感性を磨き、それを信じて自分で選択してほしい。

栄養学_1

栄養学_2

栄養学_3

栄養学_4

ただし、その感性が外れた時のためにディフェンシブな他の選択肢も同時に用意しておいてほしい。

ということを80分に渡り、述べさせていただきました。


今週末も大阪出張

今週末も大阪出張。

12月に出した新刊。

ディフェンシブ栄養学についての招待講演です。

大阪

都内は東京マラソンで道路規制が入りますので、早めに空港に来ましたが無事にラウンジに着いて一安心です。

ここから集中して作り込み、プレゼンの精度を上げようと思います。


手塚治虫漫画全集 (vol1 200冊)

久しぶりやってしまいました。

夜に自宅飲みしていて手塚治虫全集をどうしても読んでみたくなり、全集を探したのですが、普通のサイズだと軽く20万超えてしまいます。

検索しているうちに、SEGAからミニコミというオモチャ の手塚治虫漫画全集 (vol1 200冊) が出ているのを見つけました。

こちら、企画倒れかvol 2が発売されなかったようなのです。

メルカリで1万円ちょっとで落札したのが昨日到着。

マンガ_1

マンガ_2

通常の漫画の3分の1の大きさで、まさにおもちゃの本。

iPhone X と比較していただければ、大きさは推して測るべし。

中学生の次男はこれなら授業中に読めると大興奮していましたが、もちろん却下。

マンガ_3

多少老眼が入った僕でもTVコマーシャルで有名なレンズ眼鏡で読むときちんと読めました。

可愛いのでインテリアにもなるかな。笑。

酔った勢いで買ったものとしては上出来でした。


サピエンス全史

今回の旅の友。

ジャレトダイヤモンドの「銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎」も良かったですが、単なる歴史学だけで無く、横断した知識に裏付けられた人類史は読んでいて為になります。

1
僕も文系大学受験生の時に地学と世界史、そして世界地理を体系的に学んだ時に、朧げながらこれで人類史を俯瞰出来たんじゃないかなと思った時がありました。
今の時代は人生100年。

僕の場合は四分割して最初の四半期は自分の教育に。二番目の四半期は医療に使ったわけですが、次の四半期は経営と研究により集中して従事し、さらに75歳からは趣味で歴史本を書くことをしたいと、漠然と思っています。

今後も新たな視点の著作が増えるんでしょうね。楽しみです。


新著「美しくやせる食べ方 ディフェンシブー体を守るー栄養学」

19日発売の僕の最新作。学研のディフェンシブ栄養学の著者本が届きました。

1

こちらはあとがきです。

***
体内に活性酸素が過剰にあるとDNAを傷つけ、それによって遺伝子転写経路が異常になることでがん化、老化といった現象が起こります。老化は病気ではありませんが、がん化は言わずもがな病気です。老化は受け入れることが出来ても、がん患者になりたい人はいないことでしょう。
一説によるとがん細胞は、毎日少なくとも100個できると言われていますが、その中から体内の精密な免疫システムの網をくぐり抜け、増殖してがんに変化してゆくものが存在します。現代医学では、ゴマ粒大の大きさになればがんは早期発見出来るものの、そこから手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法などを行ってがんを叩くと、体に負担もかかります。西洋医学の強みを考えれば、がんを小さくしてから手術で全て取り除くことができればいいのですが、せっかく小さくしてもがん細胞はどんどん自らの遺伝子を変化させて増殖し、転移もします。
そもそも、がんを早期発見してから治すのではなく、がんにならないためにはどうすればいいのか……。こんな思いから、「未病予防」について考えるようになりました。
私たちの身体には、活性酸素から身を守るために、三段階の防御システムが備わっています。
●第一次防御 口から抗酸化物質を取り込み、活性酸素を中和する「栄養学的アプローチ」
●第二次防御 体内で発生した活性酸素を除去する「生体内酵素アプローチ」
●第三次防御 活性酸素によって引き起こされた遺伝子の転写ミスを修復する「遺伝子修復アプローチ」
栄養バランスが良い方はがんになりにくいですし、見た目年齢が若いと言われています。それは、第一次防御のアプローチによるものです。第二次防御、第三次防御は生まれつきのものですが、第一次防御の「栄養学的アプローチ」は、自分で強化することができます。
私は、物事のしくみを考えるのが好きで、医学、工学、薬学の博士号を3つの大学院に通い、10年かけて取得しました。研究、すなわち博士論文を書くという作業は、受験勉強のように、「答えのある問題を短時間で解く」のではありません。「答えの無い問題を解決する」ために、全く新しい理論を、物理学、化学、生物学などの自然科学の証明ツールを使って、立証する作業です。
工学は物理学ですので、数式で証明すれば、誰でも納得できる美しい理論が展開出来ます。薬学も化学の一種ですので、化学式を使って証明出来ます。
しかしながら、医学の属する生物学は、統計による有意差や、写真や図表などで証明しますが、例外が必ず存在することを前提とした学問で、あいまいさが残ります。近年記憶に新しい、バターとマーガリンのどちらを摂取すべきかと言う論争。牛乳が体に良いのかという論争。まず、皆さんに意識して欲しいのは、体に良いと言う理論が完全に正反対になってしまう様な事が、生物学では起こりうると言う事です。そのため、ただ闇雲にひとつの健康法を信じ込んで実践するような事はすべきではありません。その健康法の基盤自体がひっくり返ってしまう可能性もあるのですから。
先にも書きましたが、体のディフェンス能力を上げる。ここを提案するために本著を書く機会を頂きました。投網をかけるように6大栄養素と抗酸化物質をまんべんなくとり、健康を害する可能性のあるリスクをヘッジすること。
あらゆる病気から戦いを挑まれたときに戦い打ち勝つ身体を作る、もっと言えば挑む前に戦いを怯むような身体を作ること。
この世に生を受けて生きていく道のりの中で、寿命とは決して運命だけで語られるものではなく、自ら構築することのできるものである―――正しい栄養学を学ぶとそうしたことを信じられるようになります。


新著「ディフェンシブ栄養学」50要素の栄養素、はじめに

こちらの図は、体に必要な50要素の栄養素を俯瞰するために作った作成途中の図。

画像

それぞれの解説と最終バージョンは本に載せました。

現在は、食が豊かである一方で、食材の安全性が確保されている訳ではない時代です。

「ディフェンシブ栄養学」を書く際に思った事を、はしがきにまとめましたので、ちらっとご紹介いたします。

***

肉体の健康と食、睡眠、精神状態は直結しています。

精神の健康は睡眠に直結しますが、食にも大きく依存します。

特にこの日本で食は混迷を極めます。

一般家庭でこれだけ世界各国の料理を食べる習慣のある国は他に例を見ないのではないでしょうか?

朝トーストに目玉焼きを乗せ、昼は焼き魚定食、夜にビーフシチューと春雨サラダ、週に一度は外食で最近インド料理にハマってる・・・と聞いても「それの何が一体珍しいのか」考えることすらないでしょう。

流通している食材の種類も他国の比ではありません。

美味しさとインパクトの追求により、脂の乗った肉、魚、甘みを極限まで追求した果物が身近に溢れ、いつでも食べ物が手に入るコンビニエンスストアや食材が安く手に入る激安店も普及しています。

今の世の中で私たちは普通にただ暮らしているだけでエネルギーの取りすぎになりやすく、お腹いっぱいになることは簡単で、一方栄養バランスは偏りやすいのです。

これは社会的な問題と国民性によるところも多く、一般庶民には変え難い現実です。

そして、こうした背景によりペニシリンの発見以降確立され支持されてきた西洋医学もある危機に直面しています。

これまで医師に与えられてきた使命のひとつは、病気を治し、人の寿命を延ばすことでした。

特に、疫病といったひとりの個人が罹ってしまうことでその村落が滅亡してしまうような病気の根絶が、初期の西洋医学のテーマであったと思います。

ひとつひとつ治療法を確立することで人間の寿命は飛躍的に伸び、人口は瞬く間に増えていきました。

長寿を期待することが大それた欲でもなんでもなく、当たり前になっていったのです。

一方で、我々医師は医学部時代から「病気」については本当に多くの事を学びます。

しかしながら、どうすれば健康でいられるのか?

アンチエイジングができるのか?

と言う事は学んで来ませんでした。

これらの問いについての答えは、現在検証中で、未だに解決されていないと言うのが正確なところです。

何度か講演でも話しましたが、医師は「健康の専門家」ではなくて、「病気の専門家」なのです。

病気と健康は相対立してきっぱり分かれるものではなく、連続しています。

「病気がない状態」がいわば健康ですが、健康には、「完璧な健康」、「病気の要因を孕んでいる健康」、「病気直前の健康」というように様々な健康のレベルがあります。

健康のカテゴリーに入るにもかかわらず、幅があるのです。

さらに困った事に、健康の度合いは臓器ごとでも異なっています。

心臓、血管、脳神経、消化管、肝臓、脾臓、血液骨髄系……。

加齢をするごとに、それぞれの臓器が酸化、糖化、炎症していくことで、身体の予備力が落ちて行きます。

そして、どれかの臓器の防御系が決壊すると、病気になります。

難しいのは、それぞれの臓器の予備力が非常に高いために、それぞれの健康状態を客観的に測定する方法が実際にはないということ。

定期検診で血液検査をして、全てA判定が出たからといって、何かの臓器が悲鳴をあげる寸前なのかも知れない。

完璧な健康状態であることを保証してくれるものでは無いのです。

では、健康を維持して、病気にならないためにはどうしたらいいでしょうか?

例えば、敵である特定の病気がわかっているのであれば、そこに対して攻撃できるオフェンシブな薬を作れば良い。

これは「病気の専門家」としての攻め方です。

しかしながら、健康を守るためには、全ての臓器の予備力を上げ、さらに防御能力を高めるような「ディフェンシブ」な考え方が必要です。

体のディフェンス能力を上げるには、食事や軽度な運動が大切です。

投網をかけるように6大栄養素と抗酸化物質をまんべんなくとり、健康を害する可能性のあるリスクをヘッジすること。

さまざまな脅威から、自分をどう防御するか。身体を支える要となる日々の食事をどうしたらディフェンシブに見直すことができるのか。

この書ではこうしたことを考えていきたいと思います。


12月発売予定の僕の最新刊

今日もクリニックFの外来です。

こちら12月発売予定の僕の最新刊。

学研より発売されるディフェンシブ栄養学です。

本

栄養理論は数限りなく変わりますよね。

記憶に新しいマーガリンvsバター論争。

牛乳論争然り。

低糖ケトン体理論も今後見直しがされるかもしれません。

でも栄養学は医学と同じように、分析能力や研究が進むごとに常に進化する分野なのです。

本書では生体を維持するのに必要な50の必須要素を図解して提示しています。

さらに栄養基礎理論をきちんと理解すれば、自分の考えで判断する事が可能になります。


ギャノング生理学、ヘクト光学

医学的な根拠を求められた時は、ギャノングの生理学。

レーザー光学の根拠を求められた時はヘクトの光学で確認するようにしています。

ff

どちらも英語版持っていますが、表意文字の日本語の方が速読できますね。


FRaU11月号 P45 P54 キンペン

FRaU11月号 45ページにクリニックFのレーザー治療方針について素晴らしい記事を書いていただきました。

1

54ページにはプラズマ医療の「キンペン」についての記事を書いていただきました。

ドイツの研究所に行ってきたばかりですが、キンペンの殺菌能力は素晴らしいです。

特にニキビと白癬については痛みも全くなくとても良い結果が得られています。


わたしを離さないで:Never Let Me Go

ノーベル賞受賞が決まったカズオ イシグロさんで読んだ事のある小説といえば、わたしを離さないで:Never Let Me Go です。

90

読み始めは普通の回想小説かと思いきや、彼らが臓器移植のために育てられた子供達の話である事が次第にわかってくるのです。

物語としてはもの凄く引き込まれましたが、医者としては複雑な気持ちだったのを思い出しました。

綾瀬はるかさん主演でドラマ化されましたが、滅多にテレビを観ない僕も結局録画で全部観てしまいました。


日経ヘルス誌に掲載いただきました

今月号の日経ヘルス誌。

nikkeih_1

Panasonic社製の高周波肩凝り治療機器について、インディバを始めとした高周波の医療への応用について、取材をしていただきました。

nikkeih_2

nikkeih_3

nikkeih_4


外来再開とVOGUE

クリニックFの外来 再開いたしました。

まだ時差ぼけの感じですが、昨日発売のVOGUE誌にご取材いただいた記事が載っています。

vge

よろしければご覧ください。


LA MAGIE DU RANGEMENT by Marie Kondo

昨夜の友人宅で、夏休みに読んだとこちらの本を紹介されました。

4

近藤麻理恵さんの本。

フランス語に翻訳されとても人気なのだそうです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -