TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

スイス製の光学機器

今日もクリニックの診療でした。

そろそろ最後の患者さんが来る頃。

機器

古典的な機器ですがバイオプトロンの検証を頼まれて、少し実験しています。

スイス製の光学機器。

様々な効能があると言われていますし、一部エビデンスもありますが、この機器ご存知でしたか?


日本ソムリエ協会ワインエキスパート

日本ソムリエ協会ワインエキスパートの二次試験テイスティングで無事に合格しました。

テイスティングは本当に奥が深く、知識が増えれば増えるほど、かえって判断が難しくなり、判別能力が上がっている事を最後まで実感出来ずにいたので本当に良かったです。

二種の赤ワイン、二種の白ワインの葡萄品種を当てる試験では、結果的には白は2つと赤1つが当たり、赤はカベルネソービニオンをシラーズと勘違いしましたが、新世界の赤ワインの特徴はほぼ重なりますので、大きくは失点しなかったのだと思います。

その他のお酒を当てる問題が一問出るのですが、こちらもちょうど試験前日に参加した経営者の飲み会で、たまたま最後に口にした紹興酒が出たので、シェリーオロロソと迷い無く紹興酒を選べました。

強運でした。

ワイン

5月のリヨンの学会で立ち寄ったブルゴーニュのワイン畑を見てインスピレーションを受け、ワインの知識がほぼ全く無い状態でレコールデュヴァン受験クラスに途中入学して臨んだ試験でしたが、その間に得られた知識は素晴らしく、人生の糧になったなあと思います。

例年合格率は30%との事で、試験慣れしている僕の様な人種でもかなり難しい試験でした。

とはいえ、ワインエキスパートの資格はワインについて語るために運転免許をもらった様な状態なのでしょう。

これから多くのテイスティング経験を積んでいきたいと思います。


ロケットマン

さて帰国しました。

観たかったエルトンジョンのロケットマンを行きのフィンエアでは英語で、帰りはJALで日本語字幕で観る事ができました。

ロケットマン

やっぱり日本語字幕がある方が細かいところまでわかりますね。

僕の英語力もまだまだだなあ。笑。

二回観たくなるほど素晴らしい映画でした。

主演俳優はタロンエガートンでしたが、ボヘミアンラプソディの映画と同様、顔は全く似ていないのに次第に立ち振る舞いなどで本人に見えてくるのは不思議です。

作詞家バーニートーピンとの出会いのシーンは良かったですが、あの名曲YOUR SONGに出てくる家はまだエルトンが売れていない時に、バーニーと作詞作曲に専念するための家の事を指していたんですね。

てっきり恋人と住む家の事だと思っていました。

映画の中でエルトンはピアノの曲を耳コピーできたり、歌詞は全く思いつかないけれど、歌詞を見ると曲がどんどん湧いてくると言いますが、これは絶対音感ある人にはよくあります。

実は僕も絶対音感があるので聴いた曲をその場でピアノで再現とかして、子供の頃はよく音感があると驚かれました。

ですが、医学的には音程を言語中枢で聴いているということなんですよね。

高校生の時、歌詞が良いから聴いてと言われ借りたカセットテープの曲が、メロディは覚えているけど、全く歌詞を覚えていないので会話が成り立たなかった事があるのです。

当時は理由がわかりませんでした。

メロディの音の流れは完璧に覚えているけれど、意識していないと歌詞を全く聞き取っていないという事が、今でも良くありますよ。


プラハの街散策

午後からベルリンに戻りますが、プラハ唯一の空き時間が予報では雨。

Chek17

Chek18

何度も来てるので、観光は良いかなと思ったのですが、

ちょっと雨が止んだ隙に一時間ばかり、散歩に出ました。

Chek19

Chek20

Chek21

Chek22

Chek23

プラハに首都を置いた神聖ローマ帝国とボヘミア王国。

Chek24

Chek25

その歴代の王が戴冠パレードを行った王の道を火薬庫から

Chek26

Chek27

モルダウ河に架かるカレル橋まで歩いてきました。

Chek28

Chek29

プラハはまさに建築の街。

Chek30

Chek31

ゴシック、ロマネスク、ルネッサンス、バロック、アールヌーボー、

さらにはキュビズム、モダン様式まで

Chek32

Chek33

ほぼ全ての欧州建築の建物が建立しているのです。

まだ閉まっている教会の中からはパイプオルガンの音が漏れ聴こえます。

Chek34

Chek35

練習中でしょうか?歩いていても楽しいですね。


プラハで神戸牛

1989年ソ連崩壊と同時にチェコは共産国家から脱却しましたが、

そのビロード革命が行われたヴァーツラフ広場に面したKobeという名のお店で食事をいただきました。

海外では日本料理は普通ではないもの笑も出てくるので、僕は迷わずチェコ料理を選択。

Chek01

そして赤と白のチェコワインを頂きました。

CHek02

どちらも美味しかったですよ。

Chek03
BTL社の重役達ですが、ちょうどアラフィフで僕とほぼ同い年。

共産主義だった時代は覚えてる?と聞くと、自転車を買いたいと思っても半年待ち。

SONYのウォークマンなんて庶民の1月分の給料でも買えず、

持ってる人は大概、政府関係者だったよと。本当に大変だった様です。

Chek04

30年前と言うとちょうど昭和の時代。

高校生までそんな生活をしていた人たちが、

真面目に技術開発をしている訳ですから、

Chek05

まさに日本の高度成長期の様なものですね。


音楽は名医

今回の出張の機内時間はもっぱら譜読みです。

譜読み_01

譜読み_02

譜読み_03

3月2日の音楽は名医のコンサートに向けて、第一部の音楽の効能についての講演については、ほぼプレゼンテーションもセリフも準備完了。

第二部の指揮の方の準備の速度を上げて頑張っていますが、いやー大変です。

おそらく高校生の時から何千回も聴いているラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ですが、当たり前ですが、旋律を完璧に記憶していても指揮を振れません。

弦楽器や木管楽器、打楽器の奏でる副旋律の起始停止に指示を出すのが指揮者の仕事なのです。

これがこの曲の場合、本当に難しい。

チケット販売も全く素人の僕が振るにしては、お陰さまでお知り合いを通して既に数百枚売れ、出だしとしてはまあまあですが、やはり良い席から売れてしまっています。

1600枚売らないと黒字になりませんので、直接の知り合い以外に売らなければならず、実際にはまだまだです。

オーケストラって運営が大変なんですね。

皆さま、素晴らしいピアニストを迎えた記憶に残るコンサートにしますので、どうぞよろしくお願いします。

2020年3月2日に藤本が企画・指揮を務めるコンサート『音楽は名医』を開催予定。

脳の活性、ホルモンの分泌の効果のある曲を生のオーケストラで、ぜひ堪能してください。

チケット料金:¥6,500(税込)、自由席 ¥5,000(開演19:00、会場18:00)

会場:東京オペラシティコンサートホール

お申込み・お問い合わせ:

イープラス https://bit.ly/20200302

イープラスの手続きが分かりにくい方はクリニックFにチケットの件でとご連絡ください。03-3221-6461


東京は台風一過

東京は台風一過。

何をしているわけではないのに、緊張して疲れますね。

Netflix、原稿書き、控え目に家飲みして終わりました。

東京

明日朝からはドイツとチェコ出張です。

明日なら交通網は回復しているかな。


12日は台風のため休診

台風不安ですよね。

クリニックFは明日12日は休診としました。

13日に日比谷公園内の図書館で予定されていた講演会ですが、こちらも11月17日に変更させていただきました。


ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番

今日はクリニックFの休診日。

ピアノも合わせて指揮の練習をさせて頂きました。

指揮_1

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 本当に難しいですが、練習して上手く振りたいです。

名曲で思い入れがあるだけに学び甲斐があります。

指揮_2

指揮_3

福田さん、愛さん。

ありがとうございました。


WEB

物理(工学) 化学(薬学) 生物学(医学) の自然科学の主要3教科の研究歴と立証方法を用いて、医学のエビデンスを取得する企業コンサルティングをもう1つの生業としてきましたが、こうした活動やメディア出演歴をクリニックFとは別のWEBにまとめる事にしました。

業務

機器と医学の関係 音楽と医学の関係 栄養学と痩身手法 などが僕の興味の対象です。

立証業務のコンサルも受けますのでご興味ある方はコンサルティングフォームよりお問い合わせください。

https://takahirofujimoto.com/?fbclid=IwAR0z_a72m6CHoTuWkyDp-okjvGUK9dPAVbjsWLWpZaxXEDa6M9rPB75dtfY


夫婦のためのwebマガジン 後編

夫婦のためのwebマガジン『Rethink夫婦の時間』にてクラシック音楽が夫婦仲に与える影響についてご取材いただきました。

web

https://rethink-fufu.jp/interview/3237/?fbclid=IwAR2X8iH6X5sWyv_cwBV1GIeXxGq01yKJe0xSTEhnhucfT50ggiOO7MmMYDw

3月2日の僕のコンサート情報もあります。

こちら後編になります。

よろしかったらご覧くださいね。


夫婦のためのwebマガジン 前編

夫婦のためのwebマガジン『Rethink夫婦の時間』にてクラシック音楽が夫婦仲に与える影響についてご取材いただきました。

web前

https://rethink-fufu.jp/interview/3222/?fbclid=IwAR07lzGfN-XrKpIIs8dpHQeHqNMjqHFXltI7OVSvI9VxBqLn_3IbjGOCw4M

3月2日の僕のコンサート情報もあります。

こちら前編になります。

よろしかったらご覧くださいね。


起業医会

本日は起業医会の集まりでした。

起業医会_01

起業医会_02

株式会社 日本医療機器開発機構の内田毅彦先生が始められた起業する医師の会(前回より改め起業医会)医師免許を持った起業家の定期的に集まる会も、早くも第10回を迎えました。

経営者は孤独ですが、医療という共通したプラットフォームに、ミッション(mission)ビジョン(vison)バリュー(values)を持った企業を経営する仲間たちの、本音トークを共有できる貴重な場です。

次回は年内に開催したいですが、皆世界を飛んでいて、時間が合わないからなあ。


盛り沢山な一日

今日は朝から女性誌の撮影取材2件。

取材_01

弁理士事務所との打ち合わせ。

沢山の患者さん来院と、盛り沢山でした。

集中力切らさず頑張りました。

これから最後の患者さんを終えた後、八重洲で顧問企業との打ち合わせです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -