TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

針を使わないメソセラピー

メソセラピーMesotherapyという言葉をご存知ですか?

約5年前に、日本に初めてこの療法が輸入されたときは、「注射だけで痩せられる最新の痩身技術」という印象が強かったため、やせの注射??と思われる方も多いとおもいますが、実は半世紀ほどの長い歴史を持つ、治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注入する治療法の総称でもあります。実はこのセラピーの最大の欠点は、針を使わなければならないという点でした。顔やおなかに何度も針を刺すと言うのは、ちょっと抵抗ありますよね。

先だってイタリアで、針を使わずにメソセラピーに有効な成分を体内に注入するという療法が開発されました。今回クリニックFではこの療法をいち早く採用し、針を使わないメソセラピー療法なるものを治療の一環として始めることにしました。

クリニックFで現在、治療可能なメソセラピーは、

1.部分痩せを行うフォスファジチルコリンを高濃度に使用した『セルフォーム』。

2.顔の老化を防止するためにヒアルロン酸とアミノ酸・ビタミンをスペシャルミックスしたフェイシャル専用の『ビタジェル』。この薬剤は、小じわの軽減、肌のキメ・光老化肌・クスミ・タルミ・乾燥肌の改善に効果的な活性美容液カクテルです。これまでより浸透度の高い抗酸化剤である新型ビタミンCに集中してきましたが、肌を作り上げるヒドロキシプロリンや、アルギニンなどのアミノ酸や、ビタミンを直接注入できるのは画期的な発想で、大きなメリットと言えます。

3.パイヤエキス・メロンエキス・リポ酸・N-アセチルシステインを配合した、即効性のあるボディ用たるみケアには『トニック』が有効です。この薬剤は、ボディを中心に、老化肌改善・皮膚の引き締め・ストレッチマークを軽減お肌にハリと輝きを与えます。

4.表皮下に直接コラーゲンをメソセラピーにより導入する『ダイレクトコラーゲン』療法
これらの薬剤は、合計6回程度治療を続ける必要がありますが、針を使わずにほぼ同等な治療を行うことが出来るのは福音でもあります。ご興味がありましたら、クリニックにご連絡ください。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -