TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

日経ヘルス2019年2月号

おはようございます。

クリニックFの外来です。

日経ヘルス2019年2月号。

ヘルス_1

ヘルス_2

ダイエット科学最新キーワード7の記事の中に 筋肉を鍛えてダイエットに繋げる 夢の医療機器 エムスカルプトを大きく取り扱っていただきました。

宜しかったらお読みください。

ヘルス_3

ヘルス_4

過去体験された方は皆、画期的という言葉を使われますね。

今や、筋肉をお金で買える時代になったという事でしょうか。笑。


VOGUEのEditor’s Pick

ニュージーランド出張のため、成田入りしました。

VOGUEのEditor’s Pick にて、エムスカルプトのWEB記事、アップしていただきました。

よろしかったらお読みください。

vogue

https://www.vogue.co.jp/fashion/editors_picks/2018-12-14/yu-soga?fbclid=IwAR0RBVuRQGNj27K4BjMSUJULsM8v8in9rAnoAkuMrVSU-SpwswsVB3vQRck


エムスカルプトの取材

本日も電磁場により筋肉増大することで痩身を図る医療機器のエムスカルプトの取材が二件ありました。

取材に答えていると、筋肉運動することがどのようなメカニズムで痩身に繋がるのか、答えなくてはならなくなります。

痩身には、成長ホルモンと、インシュリン、カテコールアミンが関わることはわかっていましたが、特に近年、痩身効果に深く関わっていることがわかってきた物質が、インターロイキン6と心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)なのですよね。

痩身

こちらは2017年1月のFuture Lipidologyの論文に掲載されているとってもわかりやすい図です。

痩身とは脂肪細胞に蓄積されているトリグリセリドを細胞内より取り出し、グリセリンと遊離脂肪酸(FFA)に分離すことに他なりませんが、こちらに深く関わっているのが「ホルモン感受性リパーゼ(HSL)」です。

ホルモン感受性リーパーゼを制御しているのが、4つのレセプターです。

運動をすることが、図の通りαおよびβレセプターの機能調節を行い、脂肪溶解を促進するANPを増加させ、脂肪細胞のインシュリンへの感受性を上昇させるのです。


エムスカルプトで大臀筋を鍛えています

ゴルフの飛ばしにはお尻の筋肉が大事と言われたので、最近エムスカルプトで大臀筋を鍛えています。

レッグカールなどもありますが、トレーニング成果は得られにくく、普段は鍛えにくい筋肉です。

ゴルフ_1

ゴルフ_2

ゴルフ_3

その成果があったのか、先日の保土ヶ谷カントリーで、ドライバーが292ヤードも飛びました。

GarminアプローチS60を使って測定しましたが、GPSで自動的に飛距離を測定してくれるので間違い無いです。

エムスカルプトの施術は腹部に比べてちょっと痛いのが難点ですが、やっぱり効くのかも。


25ans(ヴァンサンカン) 2019年1月号

25ans(ヴァンサンカン) 2019年1月号で、美容機器の2019年の最新トレンドについてご取材いただきました。

僕の注目機種は、エムスカルプトとエクセルV。

25-1

25-2

25-3

エムスカルプトの筋肉トレーニング効果は圧倒的です。

美容意識の高いクリニックFの患者さんにも絶賛されています。


EMsculpt(エムスカルプト)

筋肉を鍛え、脂肪を減少させる近未来の医療機器EMsculpt(エムスカルプト)の施術用写真撮りました!

30分間2万回。

深さ7cmまでの深達度での筋肉トレーニングを実現した唯一の機器です。

kinnniku

いままで使用していたEMSがおもちゃの様です。

クリニックFにて。


前田先生とエムスカルプトでの筋肉談義

今日はクリニックFで前田先生とエムスカルプトでの筋肉談義。

「自分は筋肉トレーニングで散々追い込んできたけれど、機器を使うとここまでのトレーニングが出来るのかと、驚きました!自力ではここまでは無理です。」とのコメント。

前田先生_1

前田先生_2

前田先生_3

前田先生_4

前田先生の場合、ボディビルディングの海外大会前で脂質を絞っているので、当て方によっては内臓を超えて後腹膜筋群まで響いてしまい、辛そうでした。

僕は2度目の施術をしましたが、慣れてきたのか、すぐにパワーを100%まであげられました。


エムスカルプト体験

昨日は元野球選手で最も成功した理論派実業家の1人。

お友達の小野剛君が、クリニックFにエムスカルプト体験に来てくれましたが、30分間2万回の深部筋肉収縮にもんどりうっていました。

今日は筋肉痛で大変だろうなあ。笑。

EMS

僕は4日目にしてようやく腹筋の筋肉痛が無くなりましたが、身体が引き締まり、筋肉に張りがあり、思わず学生時代に部活で合宿をやっていた頃を思い出しました。

僕は運動好きですが、トレーニングは苦手なので、もっとも適した人種です。

自力トレーニングでは、自分をここまで追い込めません。マジ凄いです。

自分でも衝撃的な変化に大満足です。

筋肉痛が大変だけど、週明けにもう一回やろう。

4回やって一旦筋肉つけてしまえば、基礎代謝がかなり上がるので、暫く太らなくなりますよ。

リバウンドしにくいのがこの機器の大きなメリットです。


日本初導入 EMSCULPT「エムスカルプト」

米国で爆発的に売れている、画期的な痩身機器をクリニックFで本邦初導入しました!

その名も「エムスカルプト」。

 

1

MRIに似た磁器システムを使って、痛みなく皮下7cmまでの筋肉鍛えることで増大させ、脂肪を減少させます。

脂肪を減少させることに注目された機器は市場に多く存在しましたが、同時に筋肉増強ができて基礎代謝が上がる機器はこの機種だけです。
米国の発表では、30分4回の施術で腹囲が4cm減少したとのことです。

現状の適応部位は、お腹周りと臀部。現在大腿四頭筋増強検証がスタートされたところです。
僕は機器による痩身の本も書きましたし、痩身機器市場を見据えてきましたが、この機種に使われた新たな特許は実に5つもあります。これは画期的です。


EMSCULPTエムスカルプト日本初導入

米国で爆発的に売れている、画期的な痩身機器をクリニックFで本邦初導入しました!
その名も「エムスカルプ」。

http://clinic-f.com/laser/emsculpt.html

1

MRIに似た磁器システムを使って、痛みなく皮下7cmまでの筋肉鍛えることで増大させ、脂肪を減少させます。

脂肪を減少させることに注目された機器は市場に多く存在しましたが、同時に筋肉増強ができて基礎代謝が上がる機器はこの機種だけです。

米国の発表では、30分4回の施術で腹囲が4cm減少したとのことです。

現状の適応部位は、お腹周りと臀部。現在大腿四頭筋増強検証がスタートされたところです。

僕は機器による痩身の本も書きましたし、痩身機器市場を見据えてきましたが、この機種に使われた新たな特許は実に5つもあります。これは画期的です。

機器の紹介:(英語)https://www.btlaesthetics.com/en/btl-emsculpt

施術中は汗だく。翌日からの筋肉痛は凄いですが、これは異次元の体感です。

インナーマッスルに作用する可能性も十分あります。

パワーの強弱はできるので、スポーツ選手のリハビリやシーズン開始前の復帰にも使えるかもしれません。


新国際学会周遊記

カテゴリー