TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

レーザー医療2017年上半期の総括 光治療機器のまとめ

レーザー医療2017年上半期の総括 光治療機器のまとめ

レーザー治療機器について、そろそろ2017年上半期のまとめをしたいと思います。

レーザー機器はピコ秒発振の可能な機器が各社一巡したところですが、工学的にはこちら単なるQスイッチレーザー機器の一種であるといえます。

研究開発費がかかっているのはよくわかりますが、我々医師が既存のQスイッチnano秒レーザーの3倍以上の価格を吸収するならば、患者さんの施術価格に転嫁せざるを得ないのが現状です。

刺青の治療および、研究目的以外の用途は、まだ低いのではないかと個人的には思っています。

今日の話題は、光治療機器。

過去5年以内に発売された、代表的な4機種のIPL製品について特徴を述べたいとおもいます。

光治療は商標であるフォトフェイシャル、フォトRFを含め様々な呼び名があるが、工学的にはIPL(インテンス・パルス・ライト Intense Pulsed Lightコンデンサ等を用いクセノンランプ (xenon lamp)を極短時間のみ発光させた光。)に総括されます。

機器としては開発後、20年以上の経過を経て技術的には成熟期と言えますが、ここ数年で新たに開発された技術もあります。

同じエネルギー密度の光の照射であっても、高いピークパワーや短いパルス幅を実現し、色素斑に対する効果は上昇していますし、1Hzが限界であった繰り返し照射も、2〜3Hzと頻度を高く設定できる製品も出てきており、1人の患者に対する施術時間短縮にもつながっています。

レーザー

1.e-plus (米国 Syneron/Candela社製品)

IPLと 独自のバイポーラーRF(高周波)elos ®を同時照射することにより出力を光とRFに分散することで、従来製品よりも安全にエネルギーを深部へと到達するメリットを有する複数アプリケータを搭載した複合型治療器です。

メラニンをターゲットにしたSR、SRAはそれぞれ波長域が580〜980、470〜980nm。

より低い波長域を有するSRAによる治療の方がメラニンへの反応性が高いですが、メラニンの量が多い場合は反応熱による熱傷のリスクも高くなります。

クリニックFで使用している際に、経験的にはSRでフルーエンスを27J/cm2程度まで高めても安全に使用出来ていれば、短波長帯のSRAへの安全な切り替えが可能になりますのでおすすめしています。Sublimeは700〜2000nmと近赤外線領域の波長域を有するアプリケータで肌のタイトニングが可能になります。

2.versa (イスラエルvenus concept社製品)

ヘモグロビン色素に吸収する515nm-600nm、さらにメラニン色素に吸光度の高い650nm-820nmの二つの波長帯を既存の機器に比べて1.5倍の出力にしたこと。

独自の冷却センサーを持ち1秒間に1000回の温度チェックで5℃をキープするTEC冷却式サファイア使用により高い冷却効率を実現できる点や、3Hzでの高速照射が可能な点などが特徴として挙げられます。高周波、パルス磁場、高周波ナノフラクショナルなど多彩なモードを有する総合型プラットフォームとして使用されています。IPLでは、スキンリジュビネーション、脱毛、血管と色素病変、肌の若返り、ニキビ、赤ら顔、しわ、たるみなどに合わせ、7つの照射モードがありそれぞれの効果が期待できますね。

アプリケータは515nmと580nmの2種類。アジア人の皮膚に対しては580nmのアプリケータから使う方が安全に使用できます。

ニキビ対応のACDUALハンドピースは青色415〜480nm 赤色光630nm〜950nmを組み合わせるという新たな技術法でパルスごとに青色光と赤色光を同時に発振する革新的な技術で注目されている。

青色光はニキビを引き起こすアクネ菌を破壊し、赤色光は炎症を抑えることで早期回復を促します。

3.M22(イスラエル ルミナス社製品)

商業用IPLの原型であるフォトフェイシャル®を完成させた機器メーカー(旧コヒレント社)の作り上げた5世代目のIPL。

アプリケータ交換ではなく、8波長(515nm, 560nm, 590nm, 615nm, 640nm, 695nm、Acne用、Vascular用)の治療用フィルターからの選択で行うことができ、加齢性皮膚への対応・シミ・赤ら顔・毛穴など多くの病変の治療を1台で行うことができる。フィルター交換による波長変更・パルス分割変更・出力変更をより短時間で行えるため、全顔照射の最中に部位によって異なる照射方式でオーダーメイドの治療が可能です。

4. InMode(イスラエル INVASIX社製品)

INVASIX社は長年IPL、レーザー機器の開発に携わってきたMoshe Mizrahy氏がCEOを務めるイスラエルのメーカーである。

特別に設計されたキセノンランプを使用することで、500nm-600nmに相当するピークパワーの出力がより高くなるように設計され、ターゲットとしている波長領域以外のエネルギーの分散が少なく、施術がより安全に且つ最大の効果が狙える機器と言えます。

アプリケータは2種類。515SR(515nm-1200nm)はスキンリジュビネーション、血管および色素病変に、580nmSR(580-1200nm)は 脱毛、肌質改善に効果があります。

また搭載されている独自のクーリングシステムは非常に強力であり、施術時の痛み、火傷のリスクの軽減がなされている。

クリニックFでは、この他、キュテラ社ライムライト、サイトン社BBL、サイノシュア社(旧パロマ社)スターラックスなど過去に定評のあった古い設計の機器も保有し、患者さんの肌に合う機器を選択しています。


最高の誉め言葉

美容皮膚レーザー治療は「肌を数年若返らせる」こと
美容外科やフィラー治療は「若い顔を作る」こと
どちらにもニーズがあると思うのですが、クリニックFはレーザーやRF、HIFU、プラズマを用いて、肌の若返りのための遺伝子を再活性させ、肌質を改善し、肌年齢を数年巻き戻す治療に集中して、10年となりました。

その間、世界の医学会で講演発表すること150回以上。

 

多くの医師や企業との情報ネットワークを築いて来ました。
先日、美容業界に長年いらっしゃる美容ライターさんに

「今まで都内の多くの有名クリニックにレーザーの取材も行ったけれど、現在のFの技術や知識は他のクリニックと違いすぎて、他の取材や施術に行く気がなくなりました」

 

と最高の褒め言葉をいただきました。

 

これは嬉しかったです。

 

勉強会_4

日々より良い診療が提供できるように、今後も勉強と努力を重ねてゆきたいと思います。


ドイツから工学博士のTranquillo Deottoが来てくれました

今日はクリニックFにて、ドイツから工学博士のTranquillo Deottoがアジア初導入となるアルゴンプラズマ機器の説明に来てくれました。

説明_1

説明_2

説明_3

説明_4

説明_5

実はプラズマ医療が進んでいる国は、日本とドイツなのです。

細かい作用機序や疑問点について、ずいぶん説明を聞けました。


100寿到達者に対してどのような医療を提供すべきか

100寿到達者に対してどのような医療を提供すべきか?

 
今日はクリニックFの休診日ですが、僕は101歳になる呉市に住む祖母が週末に再び下血しかなり状況が悪くなったため、広島に往復する生活をしています。

 

 

h2

h3h4

100歳の時に大量下血した際に直腸がんが見つかり、様々な判断から手術は見送って温存療法をしていましたが、大きな再出血はちょうど10か月目のことでした。

 

一時は危篤状態であったものの、在宅診療で止血剤を入れた点滴などで何とか状況を取り戻し、座って本を読み、会話できるようになるまで回復しました。

 

h1

少量下血は続いていますので、予断は許しませんが、数々の健康上の窮地を乗り切ってきた101歳の身体予備能力には感嘆するばかりです。
本来は大往生だという年になると思うのですが、祖母は100歳を超えても頭もしっかりしており、今回も少し話しているうちに

 

「たかちゃん、いろいろ海外に行って本当に忙しいのに、今大和も作っているんだって?」

と(苦笑)。

 

僕のfacebookを母に見せてもらっているのだそうです。

 

さらに歩行して生活していましたので、そうしたクオリティオブライフも低下させたくはない。
地方都市の人口比率を考えると、2050年には90代女性が最も多くなる地域がいくつも出てくるのだそうです。

 

今回は身近な経験で、生来健康偏差値の高い100寿到達者に対してどのような治療を進めるべきか考えさせられました。

 

100歳になると、当然体のどこかには何らかの癌があるのが普通ですが、がん細胞の成長も遅いと考えられますので、腸閉塞などの器質的な問題がない限り、基本的には手術はしないという判断になるとは思います。
僕は成人と比較して健康予備力の低い、小児専門病院(神奈川こども医療センター)にも、高齢者専門病院(現東京都高齢長寿医療センター)にも勤務しましたし、救急部での急性期医療も、在宅医療でのペインクリニックも経験しました。

医師としての経験では、しなければならないことが分かっている、つまり治療をルーティン化出来る急性期の医療が一番習熟が早く、慢性期の医療が特に経験が必要なものだと思います。

僕の個人的な経験でも、体力があって反射神経の良い若い時に救急医療を経験して良かったと思いますし、反対に個別にオーダーメイド医療が必要な高齢者医療はまだまだ学ばせていただいていると思っています。

 

美容レーザー医療も個別に治療が異なるために優先順位と最善策を考える個人コンサルタントの様な治療になる点が似ていますね。笑。
高齢者の場合、心血管系、脳神経系、呼吸器系、消化器系、運動器系、血液系などの、どれかの予備能力が低下した際に、破綻を生じさせないことが一番のポイントになるのでしょう。

 

鎮痛剤などの使用する薬剤も、通常量の4分の1以下でスタートします。
ましてや100寿到達者は、西洋医学が未知の領域。

 

もはや人間ドックをはじめとした予防医学による病気の早期発見があまり意味をなさなくなり、如何に細胞や体を老いさせず現状を維持していくかという点に集約されると思います。

 

老化の根本は、酸化や糖化などによる体の錆ですので、やはり大切なのは活性酸素やラジカルを除去するためのビタミン・ミネラル補給や、食習慣ということになるのでしょうね。

 

 

さらに、そうした栄養素の消化管からの吸収率も低下しますので、高齢者に対するドラッグデリバリーの研究もさらに進めなければなりませんね。


第四回オパールの会 招待講演

今日は60名ほどの眼科の先生方の勉強会(第四回オパールの会)でレーザーアンチエイジング及び眼科周囲へ応用についての講演させていただきました。

後日談ですが、実は僕がこの講演を1週間後だと勘違いしていて、今朝、本日の開催だと気づいたのです。

その後は超集中してプレゼンを仕上げ、予定を空け、事なきを得ましたが、まさに薄氷を渡る気持ちでした。

眼科_1

眼科_2

眼科_3

眼科_4

眼科_5

眼科_6

眼科_7

大阪に飛んだ後でなくて本当に良かった。

明日は早朝便で大阪出張です。


何処で最新のレーザー治療を学べるのか?

何処で最新のレーザー治療を学べるのか?

 
2000年にレーザー美容医療に関わるようになり17年。

 

 

若い先生方に、どのようにレーザー治療を学んだのですか? と聞かれることが多くなりました。

 

 
僕が治療を始めたころは、日本の保険診療で治療が可能であるシミや脱毛に対するレーザー治療機器に対しては日本語の教科書がありましたが、肌質を改善するレーザー美容医療機器が大きく発展を遂げたのは21世紀に入ってから。

 

 

光医学(Photomedicine)といわれる新しい分野です。

 

5

リサーフェックス

 

 

勉強会_4

 

 

こちらは米国と欧州のレーザー企業を中心に別系統の発達をしてきましたので、欧米の学会に出て学ぶしかありませんでした。

 
関連する主要な学会は、1月パリIMCAS、3月AAD米国皮膚科学会、モナコアンチエイジング学会、4月ASLMS米国レーザー医学会、5月EADV欧州皮膚科学会春季会、7月米国エステティックショー、8月米国コントロバーシーズ、10月EADV欧州皮膚科学会、12月A4M米国抗加齢医学会といったところが挙げられるでしょうか?

 

 

 

482

ミッション_1

学会_4

12800264_10209237239396476_426024180804452109_n

診療他国内での仕事、そしてちょっと異なる分野に関する海外での学会招致や参加、ワークショップやセミナー参加もありますから、これらすべての学会に参加するわけにもいきませんので、その年その年の動向を見極めながら参加する学会を決めていきます。

 

 
いまだに情報は海外の学会で得て、国内およびアジア開催の学会は招待講演依頼があった時のみ参加というスタイルを変えていませんが、それでもスケジュールは毎年タイトになってしまいますね。

 

 
僕が最初に専門医を取得した麻酔科、ペインクリニック関連での海外発表経験や英文論文執筆経験がありましたが、初めて米国のレーザー医学会で発表をしたのは2004年のテキサス州ダラスでの事でした。

 

 

以後、英語で発表または招待講演をした機会は160回を越えました。

 

 
レーザー(RFや光などの電磁波を含む)治療が国際的にも大きく脚光を浴びたのは、1994年に登場したアレキサンドライト脱毛レーザーLPIR、1999年に登場したフォトフェイシャル、2002年に登場したオーロラことバイポーラRFの光治療器、2003年に登場したサーマクール、2005年に登場したフラクセル、そして2007年に登場したCO2フラクショナルレーザーであり、米国のレーザー医学会が最も参加者が多く大きく開催されたのは2009年ぐらいでしたね。

 

 
当時はクリスタルや気体からレーザー光を作り上げていたので大掛かりでしたが、現在は工学的に半導体を用いたレーザーを作ることができるようになりましたので、ごく小さな筐体でレーザー光を発振することができるようになりました。冷却の問題を除くとほぼすべてが半導体に変わるでしょう。

 

 
2009年以降は、脂肪を氷結するクルスカ(ゼリティック社)や焦点集中型超音波HIFUであるウルセラなどの電磁波以外のエネルギーソースが利用されるようになり、EBMD(Energy Based Medical Device)と総括されるようになりました。

 

その後、レーザーが話題となったのはそれまで使用されてきたナノ秒ではなく、1/1000のピコ秒発振のできるQスイッチレーザー機器の登場。

 

大きく期待されたものの、刺青以外のアンチエイジング医療において治療範囲が大きく広がるものではなかったため、鎮静化しつつありますね。

 

 
この先、美容医療機器が転換するとしたら、レーザーアシストによるドラッグデリバリーとプラズマ医療であると僕は確信しています。

 

 
レーザードラッグデリバリーは、僕の薬学博士論文の研究課題でしたが、肌にレーザーで小さな穴をあけることで、小分子、ペプチド、ワクチン、さらにはセルなどの大きな物質を導入できることが分かっています。

 

クリニックFでは「臍帯血細胞増殖時の上澄み液」を、フラクショナルレーザーアシストで肌に導入することで肌を生まれ変わらせる治療を行っており、この液体に多く含まれるサイトカインが今までの治療では不可能だった、細かいしわ治療や肌の弾力の再生など、感触的な老化に対する肌質の若返りを提供できるようになりました。
レーザー光によって作り上げるプラズマも僕の工学博士論文の研究課題の一つでした。プラズマ医療を単なる熱刺激による軽い火傷と考えていらっしゃる方は、最新の文献を紐解くべきだと思います。

 

窒素、アルゴン、ヘリウムなどをもとに作られるプラズマですが、これはがん治療、創傷治癒、低侵襲止血、遺伝子導入等に効果があると報告されています。

 

これらの治療効果は、大気圧プラズマが生成する活性酸素種・窒素種に起因して得られるものと考えられています。
プラズマで生成される活性な粒子と生体組織の反応を粒子パラメーターや分子レベルから捉える研究も進んできており、昨年も東北大学の研究グループが、ヘリウムプラズマが細胞膜の一過性受容器電位(TRP)チャネルを活性化し、生理的なカルシウムイオン(Ca2+)の細胞内流入を誘発することで効果を発現していることを突き止めています。
現在のピコ秒レーザー機器は3桁台のピコ秒しか発振できませんが、必要な波長と出力を持って、2桁1桁のパルス長のピコ秒機器が開発されるとプラズマが発生しますので、レーザー治療も再び転換点を迎えられるのではないかと思います。
新しい機器が登場するとともに、その機器と理論に対して、世界最先端の技術と知識を持つ医師たちと、まったく同じ時にリアルタイムに、臨床と研究を開始し、対等に対話することができる。こうして考えると、常に進化する新しい光医療(Photomedicine)分野を専門にできたことは、僕の喜びの一つですね。
とはいえ、僕自身不惑の40代も終わりが見えてきました。

 

 

50代で何を目指すかということも考えなければなりません。

 

 

後進のドクターに伝えられるものは伝え、学会発表に繋げられるものは繋げていきたいですね。


慶應義塾大学と 共同研究

今日は慶應義塾大学の形成外科の貴志教授の教室へ。

1慶応

薬学系研究科の博士論文の副査をしていただいた際に、
僕の研究にご興味を持っていただいたのです。

慶応2

フラクショナルレーザードラッグデリバリーの大学との共同研究が始まります。


活動性ニキビに効果 新レーザー Inmode

【活動性ニキビに効果 新レーザー Inmode】

クリニックFはこれまで「完全自由診療のレーザー・アンチエイジング・クリニック」というスタンスをとってきました。

一年前までは僕一人で外来を請け負っていたため、しかもその僕自身が出張多く毎日の外来に立てないため、非常にニッチでナローな治療にフォーカスを当てることでどうにかこうにかここまでやってくることが出来たのです。

とはいえ、正直なところそのスタンスを一時も崩さずぶらさないために、諦めなければならなかったことや場面があったことは事実です。

保険診療の取り扱いをしていないことから、例えばこれまで活動性ニキビについてお悩みの患者さんに関しては、他院で受診をしていただくことがしばしばありました。

赤みがあったり熱感があったり隆起があったりする、「今まさに元気な」ニキビは内臓疾患や婦人科系疾患を象徴していることも多く、美肌の追求よりもまず先にそれらを病変として捉え治療をする必要、まずは病気から健康を目指す必要があるという思いがあったためです。

一方そうした患者さんが皮膚科や婦人科、時に内科を訪れ処方された薬を飲んだり、生活習慣を改善されることでニキビの活性化に終息が見られても、皮膚上の赤身や凹凸が残ってしまう場合については積極的に治療をさせて頂いてきました。

この部分こそフラクショナルレーザーを始めとしたレーザー・光治療器の十八番です。

ニキビ_1

ニキビ_2

ニキビ_3

ニキビ_4

ニキビ_5

これまで沢山の患者さんが「ニキビができる前より肌が綺麗になった!」と喜んでくださり、僕自身も治療に自信を持って取り組んでいます。

こうした理由によりこれまでクリニックFでは治療を極力行わなかった活動性ニキビですが、最近すこし考えを変えました、先日お話ししたイスラエルのInmode社が開発したプラットホーム型レーザー機器の機能の1つであり、今回新たなフラクショナルRFの機器として登場したFRACTRA(フラクトラ)がこれら活動性ニキビに対し、非常にわかりやすく良い効果をここまで出しているのです。

FRACTRA(フラクトラ)は、チップの中心部にピンが、その両サイドにelectrode Barがあり、それによりRFエネルギーをマルチバイポーラ―型に出力することが可能となった機器です。

どういったことかというと、これまでの類似機器に比べ、より深部まで効果を到達させることができ、活動性のニキビとざ瘡後瘢痕を同時に治療することができるのです。

先端のチップは全部で4種類あり、それぞれピンの長さや密度、コーティングの範囲が異なるので、照射部位や凹凸の深さ、Skin Typeによって使い分けます。検証した結果、日本人の顔面のニキビに対しては、以下の②の60pin, 600micronのチップを使うのが良さそうです。

活動性のニキビ、ざ瘡後瘢痕以外の適応としては、小じわ、色素沈着、血管拡張症に伴う赤ら顔等に対し効果を出すことが可能です。

照射後3-5日間は点状の瘡蓋が形成され、約1週間で皮膚表面の上皮化が得られます。

また、皮下では照射後2週間の時点でより高密度でコラーゲンやエラスチンの再生が進みます。

こちらは当院で照射しているモニター・40歳代の女性の写真。おでこや右頬部の活動性ニキビと顔全体のクスミ・凹凸・毛穴の開きが気になっていたため、本機を照射しました。

1回の照射にも関わらず、照射後1週間でおでこのニキビの炎症やニキビ跡の色素沈着が改善し、照射後3週間で肌全体の透明感やハリ改善が認められました。

非常に喜んでくれましたよ。

ちなみに照射間隔ですが、当院の基本プロトコールでは、3-6週間毎に合計5回の照射を目安にしていますので、約半年で1クールになり、これをひとまず患者さんとは共有しています。

フラクトラは顔面に限らず、体幹や四肢の肌荒れ、色素沈着、赤み等にも効果が出ていますので、こちらはまた別の機会に報告しますね。


ほうれい線やニキビにXD1540

先日ブログ(http://clinic-f.com/blog/laser/post_17417/)でもお話しした
スターラックスLux1540XDですが、ご興味をお持ちくださった方からいくつかご質問頂きましたので、今日はもう少し追加のお話を書き加えておきたいと思います。

 

xd_2

xd_5

xd_3

XDに関する懐かしい写真もすこし。

2011年ですね。

 

XD1540はほうれい線やちょっとしたニキビにノーダウンタイムで打てることも特徴の一つです。
アメリカの学会では数年前パワー設定や照射の仕方によっては額の皺にも着実に効果がある、ボトックスよりも良いかもしれないと話題になりました。

 

 

そうしたことからクリニックFでは、ギャラクシーやトリニティといった機器で全顔の照射を行った後、オプションで部分的に気になる箇所のみに照射される方も最近また増えていますね。
アゴ、頰、額、鼻などブロックを決め、そこに集中して追加で打つ方法です。

 

部分的な皺を気にされる方、部分的な毛穴やニキビ跡を気にされる方がその部分だけの照射を御所望されるのです。
基本的に、照射中や終了後の痛みは、ほんの僅かにジンジンとした感覚を除けば非常にマイルドなものです。
そのため麻酔塗布の必要もありません。

 

そうした側面からもフラクセルやマドンナリフト、ヘイローといった機器に尻込みしてしまう初心者、痛みに弱い方、ダウンタイムが困る方にも抵抗なく行えるものだと思います。
「部分照射に強いフラクショナル機器」といったイメージでしょうか。

照射後多少の赤み、腫れ感はありますが、エネルギーも高く深達度もあり、より深くまで線維芽細胞を活性化させることができるのです。
XDのフラクショナルは、リサーフェシングというよりは、光線を集中することで深達度を上げる為に設計されているのですよね。

 

 

1540は近赤外線波長なので、人によって過敏反応する可能性はあります。
そのため初回は反応も見ながら保守的に打っていきますのでそうした安全面でもご安心頂けるかと思います。
照射した患者さんのご感想を伺うと、照射後3日目くらいに皮膚のテクスチャー変化がとても感動的だそうです。
こうしたお話を聞くと素直に嬉しいです。

 

xd_4xd_1

 

写真はインドで開催された国際学会でXD1540について招待講演及びデモンストレーターをした時のものです。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -