TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

活動性ニキビに効果 新レーザー Inmode

【活動性ニキビに効果 新レーザー Inmode】

クリニックFはこれまで「完全自由診療のレーザー・アンチエイジング・クリニック」というスタンスをとってきました。

一年前までは僕一人で外来を請け負っていたため、しかもその僕自身が出張多く毎日の外来に立てないため、非常にニッチでナローな治療にフォーカスを当てることでどうにかこうにかここまでやってくることが出来たのです。

とはいえ、正直なところそのスタンスを一時も崩さずぶらさないために、諦めなければならなかったことや場面があったことは事実です。

保険診療の取り扱いをしていないことから、例えばこれまで活動性ニキビについてお悩みの患者さんに関しては、他院で受診をしていただくことがしばしばありました。

赤みがあったり熱感があったり隆起があったりする、「今まさに元気な」ニキビは内臓疾患や婦人科系疾患を象徴していることも多く、美肌の追求よりもまず先にそれらを病変として捉え治療をする必要、まずは病気から健康を目指す必要があるという思いがあったためです。

一方そうした患者さんが皮膚科や婦人科、時に内科を訪れ処方された薬を飲んだり、生活習慣を改善されることでニキビの活性化に終息が見られても、皮膚上の赤身や凹凸が残ってしまう場合については積極的に治療をさせて頂いてきました。

この部分こそフラクショナルレーザーを始めとしたレーザー・光治療器の十八番です。

ニキビ_1

ニキビ_2

ニキビ_3

ニキビ_4

ニキビ_5

これまで沢山の患者さんが「ニキビができる前より肌が綺麗になった!」と喜んでくださり、僕自身も治療に自信を持って取り組んでいます。

こうした理由によりこれまでクリニックFでは治療を極力行わなかった活動性ニキビですが、最近すこし考えを変えました、先日お話ししたイスラエルのInmode社が開発したプラットホーム型レーザー機器の機能の1つであり、今回新たなフラクショナルRFの機器として登場したFRACTRA(フラクトラ)がこれら活動性ニキビに対し、非常にわかりやすく良い効果をここまで出しているのです。

FRACTRA(フラクトラ)は、チップの中心部にピンが、その両サイドにelectrode Barがあり、それによりRFエネルギーをマルチバイポーラ―型に出力することが可能となった機器です。

どういったことかというと、これまでの類似機器に比べ、より深部まで効果を到達させることができ、活動性のニキビとざ瘡後瘢痕を同時に治療することができるのです。

先端のチップは全部で4種類あり、それぞれピンの長さや密度、コーティングの範囲が異なるので、照射部位や凹凸の深さ、Skin Typeによって使い分けます。検証した結果、日本人の顔面のニキビに対しては、以下の②の60pin, 600micronのチップを使うのが良さそうです。

活動性のニキビ、ざ瘡後瘢痕以外の適応としては、小じわ、色素沈着、血管拡張症に伴う赤ら顔等に対し効果を出すことが可能です。

照射後3-5日間は点状の瘡蓋が形成され、約1週間で皮膚表面の上皮化が得られます。

また、皮下では照射後2週間の時点でより高密度でコラーゲンやエラスチンの再生が進みます。

こちらは当院で照射しているモニター・40歳代の女性の写真。おでこや右頬部の活動性ニキビと顔全体のクスミ・凹凸・毛穴の開きが気になっていたため、本機を照射しました。

1回の照射にも関わらず、照射後1週間でおでこのニキビの炎症やニキビ跡の色素沈着が改善し、照射後3週間で肌全体の透明感やハリ改善が認められました。

非常に喜んでくれましたよ。

ちなみに照射間隔ですが、当院の基本プロトコールでは、3-6週間毎に合計5回の照射を目安にしていますので、約半年で1クールになり、これをひとまず患者さんとは共有しています。

フラクトラは顔面に限らず、体幹や四肢の肌荒れ、色素沈着、赤み等にも効果が出ていますので、こちらはまた別の機会に報告しますね。


ほうれい線やニキビにXD1540

先日ブログ(http://clinic-f.com/blog/laser/post_17417/)でもお話しした
スターラックスLux1540XDですが、ご興味をお持ちくださった方からいくつかご質問頂きましたので、今日はもう少し追加のお話を書き加えておきたいと思います。

 

xd_2

xd_5

xd_3

XDに関する懐かしい写真もすこし。

2011年ですね。

 

XD1540はほうれい線やちょっとしたニキビにノーダウンタイムで打てることも特徴の一つです。
アメリカの学会では数年前パワー設定や照射の仕方によっては額の皺にも着実に効果がある、ボトックスよりも良いかもしれないと話題になりました。

 

 

そうしたことからクリニックFでは、ギャラクシーやトリニティといった機器で全顔の照射を行った後、オプションで部分的に気になる箇所のみに照射される方も最近また増えていますね。
アゴ、頰、額、鼻などブロックを決め、そこに集中して追加で打つ方法です。

 

部分的な皺を気にされる方、部分的な毛穴やニキビ跡を気にされる方がその部分だけの照射を御所望されるのです。
基本的に、照射中や終了後の痛みは、ほんの僅かにジンジンとした感覚を除けば非常にマイルドなものです。
そのため麻酔塗布の必要もありません。

 

そうした側面からもフラクセルやマドンナリフト、ヘイローといった機器に尻込みしてしまう初心者、痛みに弱い方、ダウンタイムが困る方にも抵抗なく行えるものだと思います。
「部分照射に強いフラクショナル機器」といったイメージでしょうか。

照射後多少の赤み、腫れ感はありますが、エネルギーも高く深達度もあり、より深くまで線維芽細胞を活性化させることができるのです。
XDのフラクショナルは、リサーフェシングというよりは、光線を集中することで深達度を上げる為に設計されているのですよね。

 

 

1540は近赤外線波長なので、人によって過敏反応する可能性はあります。
そのため初回は反応も見ながら保守的に打っていきますのでそうした安全面でもご安心頂けるかと思います。
照射した患者さんのご感想を伺うと、照射後3日目くらいに皮膚のテクスチャー変化がとても感動的だそうです。
こうしたお話を聞くと素直に嬉しいです。

 

xd_4xd_1

 

写真はインドで開催された国際学会でXD1540について招待講演及びデモンストレーターをした時のものです。


赤ら顔やニキビ跡、小じわの治療:最近活躍しているスターラックスLux1540XD

おはようございます。

 

昨日は突然の嵐にびっくりしましたが、今日は一日晴れそうですね。

 

新緑が爽やかな季節になりました。
今日はクリニックFで赤ら顔やニキビ跡、小じわの治療においてまた最近活躍しているスターラックスLux1540XDについて改めてご紹介したいと思います。

 

x1

スターラックス自体は新しい機器ではなく、2008年にアメリカのパロマ社で開発されたフラクショナルレーザーです。

 

 

本ブログでも当時から度々取り上げ、これまで多くの患者様に高い評価を頂いてきましたが、メンテナンスしながら照射方法を何度も調整し、ここへ来てまた患者さんの支持厚いデバイスとなっているのですよね。

 

 

機器としても改めて面白いな、と僕も思っています。Lux1540XDは1540nmのEr:Glassレーザーを短時間に高出力で照射し、皮膚のリサーフェシングを行います。

 

 

先端のクリスタルをピラミット型の構造とし、業界唯一の“ micro-compression”技術でより真皮の深部まで安全にレーザーを到達させることが可能です。

 

 

 

x2

 

圧迫しながら照射するため、真皮の水分量を減らしレーザーの深達度を約40%アップさせると共に、照射後の真皮と表皮の解離が最小限となり、より迅速な再生が促されます。

 

加えて、皮膚との接触面を急冷するコンタクトクーリングシステムを採用することで、皮膚表面のダメージを最小限にしています。

 

 

 

x3

最近人気がまた出てきた理由として、特に

 
① 他の治療機器では治療に難渋するニキビ跡(凹凸)

 
② ダウンタイムや疼痛を避けたい

 
③ 他のレーザーや光治療で取れない赤みや色素沈着

 

等の特徴や思いある患者様からの高評価ということが挙げられます。

 
表面麻酔やジェルの塗布は必要なく、施術中・施術後の疼痛はほとんどありません。

 
それにも関わらず、効果は真皮深層にまで達し、照射後2-3日すると肌の内側からパンッとした張りが出てきます。

 
昨日も、半年前に突然顔全体に赤みを伴う丘疹が出現した40代の患者さんに対して、3回目のLux1540XDの照射を行いました。

 
これまで、他院にて保険診療による内服や軟膏治療が奏功せず、今年の2月から当院でLux1540XDによる治療を開始しました。

 
ダウンタイムや疼痛は絶対に避けたいというご要望。

 

 

初回の照射後2-3日目から、赤ら顔やハリ・ツヤの改善を認めました。

 
また、照射後の腫脹や発赤も目立たず、施術後のダウンタイムは殆どありません。

 
本日で3回目の照射ですが、これまで何をやっても改善しなかった症状が、みるみる良くなっています。

 
赤みがほとんど消失した現在でも、肌全体のテクスチャの改善やハリの満足度が高いため、本人の希望から照射を継続しています。

 
次回は3週間程度あけて、照射予定です。

 
当院では、活動性のある炎症性皮疹から挫創瘢痕に至るまで、“ micro-compression”という技術を用いたLux1540XDによる効果的な治療を提供しています。

 
いつでもお気軽にご相談下さい。


ニキビ跡治療をレーザーで行う クリニックFでの治療戦略

ニキビ跡に悩んでいる人は多いですよね。

国内のクリニックでも、

ニキビ治療が得意なクリニックと

ニキビ跡治療が得意なクリニックに分かれると思いますが、クリニックFは、過去10年間、フラクショナルレーザー機器を使い分けることによって治療を行ってきました。

2017年の米国レーザー医学会(ASLMS)でもニキビ跡治療の演題が散見されましたが、ほぼ数年前に「ニキビ跡治療は完成した」と報告されたように、治療方針は固まっています。

現在はフラクショナルレーザー機器の全波長に加え、新たなフラクショナルRF機器がいくつか登場しています。

クリニックFで現在積極的に治療に取り入れを検討しているフラクショナルRF機器は

ヴィーナス社の VIVA

Immode社 の FRACTORA(フラクトラ)

どちらもイスラエルの企業ですが、よりダウンタイムの少ない、効果の高い治療が今現在も模索されているという事ですよね。

ニキビ跡を治療するためには、以下のスライドのように3つのハードルがあります。

1 凸凹/クレーターによる瘢痕

2 赤味によるニキビ跡

3 色素沈着によるニキビ跡

です。

スライド4このうち最も難しいのが、 でこぼこしたニキビ跡の形態に関連する治療です。

ニキビ跡の形態は以下の四種類に種別できます。

ローリング型  「W-shaped(>1-4mm

アイスピック型  「V-Shaped」 (<2mm

浅いボックスカー(箱形)U-shaped

  (>4-5mm

深いボックスカー型 「U-shaped

こちらを、フラクショナルレーザー機器、つまり柱状にレーザービームを打ち込むことで肌を均一化する機器によって治療してゆくのです。
スライド6

フラクショナルレーザー機器の治療にあたり、 機器的なパラメーターが4つあります。

それは、波長 パワー 照射密度 照射時間

なのですが、

フラクショナルレーザー機器をニキビ跡治療に利用するさいには、以下の4点のメリットがあります。

1.時間的・空間的制御性(照射密度依存性)に優れる

2.創面を湿潤もしくは乾燥にコントロール(波長依存性)ができる

3.穴の深さ(パワー依存性)をコントロールできる

4.大きさ(照射時間依存性)をコントロールできる

キャプチャ キャプチャ2実際にどのような機器を使用してニキビ跡治療をしてゆくかですが、クリニックFには以下の表にあるように多くのフラクショナルレーザー機器がありますので、それぞれに対応した治療をしてゆくという事になります。
スライド9

具体的には以下のような機器を利用しますが、クリニックF推奨のパラメーターにつきましては治療戦略上の秘密もありますので空欄にさせていただいています。(笑)。スライド10 スライド11 スライド12 スライド13 スライド14 スライド15 スライド16 スライド17 スライド18

これらの機器を、

4種類に区分けしたニキビ跡の形態に合わせて適応させてゆくのです。

ローリング型  「W-shaped(>1-4mm

アイスピック型  「V-Shaped」 (<2mm

浅いボックスカー(箱形)U-shaped

  (>4-5mm

深いボックスカー型 「U-shaped

スライド19クリニックFでは、クオリティ高く効率よいニキビ跡治療を過去10年に渡って実践し、ご評価いただいています。

以前は治せないと言われたニキビ跡ですが、現在は治療が可能な症状になっています。

悩まれている方がぜひご相談くださいね。


三つ目の博士号 薬学博士論文 フラクショナル・レーザーアシストとリポソーム併用によるドラッグデリバリーについて

3年間研究在籍していた慶応義塾大学大学院薬学系研究科での研究を終え、

医学博士(東京大学2004年)

工学博士(東海大学2013年) に次ぐ

僕の3つ目の博士号である 薬学博士

博士(薬科学) (慶應義塾大学2017年)を受理することができました。

 

ここに至るまで、思わず涙が出るほどつらい経験もしました。

その分本当に嬉しいです。様々な局面で支えてくださった方々のおかげです。

ありがとうございました。

***

僕は小学生の頃から理科が大好きな子供でした。

父親は文系の研究者でしたが、理系の研究者という職種が存在すると気づいたのは、小学3年生の頃だったような気がします。

当時、千葉の放射線医学総合研究所(放医研)に勤めていた理学博士の叔父の研究室に遊びに行かせてもらって感激したのです。

思えば、将来博士号を取るという事を明確に意識したのがこの時でした。

物理 化学 生物 は理系の主要な三部門です。

新たな理論を立証する手法は、それぞれの学問で異なります。

物理であれば数式で

化学であれば化学式で

生物であれば図表で

証明することが必要になりますが、

レーザーを軸にし、工学(物理学) 薬学(化学) 医学(生物学) の三分野の博士号を取得した医師は世界にも他にいません。

人生においても、研究においても、経営においても、他人とはひと味違った、またはちょっと角度の異なるオリジナルなものを作り上げたいというのが僕の常なる目標でありモチベーションですので、転んでしまった時もとりあえず立ち上がりひたすら信じる道を進んできたな、と思います。

***

フラクショナルレーザー機器を用いたドラッグデリバリーの論文は英文で2報書くことができました。

スライド42

一本目の論文は、レーザー医学の世界のトップジャーナル。Lasers in Surgery and Medicine誌に載せることができました。

生体に薬を入れる手法は大きく分けて三つあります。

経口 経静脈 経皮 (経肺というルートも考えられます)

ですが、この論文は、経皮の薬剤吸収を促進する方法です。

今回の僕の論文は、リポソームを薬剤トランクのように用いて、フラクショナルレーザーをアシスト照射することで薬剤の皮下への導入を増やそうというもの。

スライド43それまで、経皮の薬剤吸収の促進と制御方法には上記二つの手法がありました。

こちらのフラクショナルレーザー機器を物理的な手法とすれば、以下のようにより有利に薬剤をコントロールして皮下に導入できることとなります。

スライド44皮下に導入するフラクショナルレーザーとしてはCO2の波長を選択しました。

この波長は照射後の皮膚が乾燥し、薬剤が浸潤しやすい状況を作るからです。

スライド45波長を決定して、残りの3要素のパラメーター

パワー 照射密度 照射時間をコントロールして実験を行いました。

スライド46

リポソームに内封させる薬剤としては、

低分子モデル 分子量376 5CF

低分子タンパクモデル 分子量6000 インシュリン

ワクチンモデル 分子量 45000 OVAアルブミン

と、大きさの違うモデル薬剤を用いて、それぞれ実験を行いました。

スライド48

どのモデル薬剤を用いても、パワー依存性、照射密度依存性、パルス幅依存性に薬剤導入が増すことが確認できました。

こうしたフラクショナルレーザーを用いた薬剤導入で最もメリットがあると思われるのは

〇針を使って日々インシュリンを導入しなければならない糖尿病患者

〇予防接種のためにワクチンを注射する小児

〇組織内圧が高く、そもそも注射が難しいケロイド患者

などが想定されます。

さらに、フラクショナルレーザーで開ける穴を調節することで、さらに大きな、例えばメラノサイトのような細胞を導入できるようになります。こちらはドラッグではなく、セル(細胞)デリバリーとしての応用です。

白斑や薄毛の治療などにも大きな福音となるでしょう。

***

二つ目の論文は、リポソームに用いるペプチドを、温度応答性に構造変化する変形性のペプチド組み込むことで、崩壊のタイミングをレーザーでコントロールするというもの。薬学のジャーナルに載せることができました。

スライド60

スライド61皮下に温度応答性のリポソームをしばらく沈降させて、必要な時間にレーザーを照射して皮下温度を上昇させることで薬剤放出をさせることができるのです。

実際にクリニックFでは、フラクショナルレーザーを使用したのちにこうした効果的な薬剤を塗布することで、肌を入れ替える施術を行っています。

難治性のニキビ跡や、初老期の表皮の細かいシワなどの肌を、脱皮させ、生まれ変わらせることができますよ。


新しい注目レーザー inMode

クリニックF、金曜と土曜の外来を担当している宮下です。

 

m

dr-m

 

この週末は、先日クリニックFに来院してくれたMoshe Mizrahy、彼が開発した新しいIPLプラットフォームであるinmodeも活躍してくれています。

inmode1inmode3

inmode2

 

この機種には、過去にない画期的な技術が3つ(それぞれ、痩身、光治療、脱毛)が組み込まれています。
①IPL
②RF
③フラクショナルRF
④アレキサンドライト+ダイオードレーザー(2波長)
⑤バキューム+RF
など多彩なモードが魅力であり、これ一台でかなりの用途を満たします。

inmode4inmode5inmode7inmode8

IPLについては515nmと580nmの2種類の波長が選択できるようになっており、アジア人に関しては580nmから始めるのが安全だと思います。

 

RFは各パーツごとに10分間行い、40〜41℃程度まで温度を上げます。
しっかりと温度上昇を感じて効果が実感できそうです。

フラクショナルRFのヘッドは3タイプあり、
「浅い層や小じわに効く」
「しわやにきび跡全般に効く」
「ヘッドにコーティングがされておらず深い層まで到達し、重度のにきび痕や深いシワに効く」
といったラインナップです。

正確な診断と組み合わせるとパワーを発揮しそうですね。

また1つのヘッドでアレキサンドライト(755nm)+ダイオードレーザー(810nm)が出せるモードがあり、同時に強力なクーリング機能もついています。

安全にシミの治療もできそうです。

バキュームRFについては吸引と2タイプのRFで脂肪のアポトーシスを促します。
〇normalモード:腹部、大腿
〇sensitiveモード:内腿、上腕
〇redesisモード:硬めの大腿や腹部
という3モードがあり、1部位25分程度かけて40〜41℃をターゲットにして十分に温めます。

どのモードも効果が楽しみです。

inmode

僕は診療の合間に髭の脱毛を試してみましたが、痛みも少なくあっという間に終わり、個人的にも気に入りました(笑)。

ご興味のある方は是非ご相談くださいね。


宮下宏紀先生 マドンナリフト

今日のクリニックF、外来は宮下宏紀先生です。

 

 

 

 

春が近づいてきたせいか、マドンナリフトやフラクセルなどの施術が最近また増えてきました。

 

http://clinic-f.com/laser/smartxide.html


ニキビ跡治療の加速度合い

このセッションの座長のMark Taylor MDとは、5月のスロヴェニアでの招待講演以来の再会でした。

5152

様々な波長のノンアブレイティブ フラクショナルレーザーとフラクショナルRFさらにPRPを組み合わせたニキビ跡治療の講演は素晴らしかったです。

535455

ニキビ跡治療は完成したと言われて久しいですが、当時から明らかに治療が加速しましたね。

アジア人の肌にもそのまま適応できそうですね。


第6回 ITCAM Inspiration of Aesthetic of revolution の招待講演

来週バンコクで開催される第6回 ITCAM Inspiration of Aesthetic of revolution の招待講演のため、イギリスはENERGIST社のSteve Sutcliffe が打ち合わせに来ました。

外人

プラズマ治療機器Neogen Spaについて2演題を発表してきます。


プラズマライフサイエンスイノベーション研究体シンポジウム

今日は東京都市大学にて開催されているプラズマライフサイエンスイノベーション研究体シンポジウムに参加させていただいています。

講演_1

講演_2

講演_3

講演プレゼンの準備ができました。

今日は1日、大学の先生方と共にプラズマ医療の未来についてディスカッションしたいと思います。


プラズマ医療機器「ネオジェンスパ」セミナー座長

丸の内で開催されたプラズマ医療機器「ネオジェンスパ」のセミナーで、座長をさせて頂きました。

座長_1

プラズマ研究家として知られる東京都市大学工学部の平田孝道教授とKO Clinic for antiagingの黄聖琥先生。

「医~工」にまたがるプラズマ医療のディスカッション。

座長_2

座長_3

僕も楽しませて頂きました。

座長_4

プラズマの機序解明に繋がる次の研究題目が浮かびましたよ。


プラズマ治療機器「ネオジェンスパ」の講演座長

2月28日、パシフィックセンチュリープレイス丸の内17階にて、プラズマ治療機器である「ネオジェンスパ」の講演座長をさせていただくことになりました。

自費研

プラズマの名前がつく治療機器は数多くありますが、エネルギーベースの美容医療機器としての性能 に加えて プラズマ洗浄 および プラズマ殺菌の効果が加えた事が、どういった生体効果につながるか、医学工学の観点から考察してゆきたいと思います。

自費研_2

“~自費研ハンズオン~プラズマ医療で集患力アップ!最新のエビデンスとアジアンスキンでの知見”


The Aesthetic Industry Award 2016 フェイシャル機器の1位は

前回に引き続きThe Aesthetic Industry Award 2016の話題です。

痩身機器に続いてフェイシャル機器の1位は、各種部門ごとに選出されました。

 

フェイシャル_1

まずは、「マルチユースエナジー機器」部門でクリニックFでも大人気のスマイルリフト「フォトナ社のDynamis Pro」が選出。

こちらは今年一押しの機器でしたね。

フェイシャル_2

 

 

同様に「ベストフラクショナルレーザー」部門では「ソルタメディカル社のフラクセル3DUAL」が

フェイシャル_4

「ベストピコレーザー」部門ではシネロンキャンデラ社の「ピコウェイ」

フェイシャル_3

「脱毛」部門ではアルマレーザー社の「ソプラノアイス」が選出されました。

検討中のピコレーザーを除き今回すべてのアワード機種が、僕も選びグループ内で購入した機器でした。

レーザー機器に関して自分の見る目やバイヤーとしての勘は、今年も間違ってなかった・・・!と嬉しかったですね。


イスラエルのDr.Tal Nachlieli

2時間あまりのエキスパートセッションでは、イスラエルのDr.Tal Nachlieliの司会でアクネスカー、肝斑、肌の若返り、色素斑、痩身、脱毛、膣縮小のトピックにおいて治療法をディスカッションし、最適パラメータをシェアしました。

イスラエル

これは勉強になりました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -