TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

Fotona4Dは今年も人気

クリニックFで金曜日土曜日の外来を担当している宮下宏紀です。

m

今日も朝からおかげさまで沢山の患者さんに恵まれました。

美白、皺の改善、たるみの引き上げ、肌の質感の向上・・・といった美肌・アンチエイジング治療のクリニックですが、傷跡の修正を希望される患者さんも最近増えてきましたね。

僕自身も治療を通して様々な発見もあり、楽しく仕事をさせてもらっています。

ここから今日も後半戦。頑張りますね。

***

 

以前こちらでもお話したことのあるフォトナ4Dですが、お正月明けても人気がまだ続いています。

4Dがどんな機器なのかについてのご説明はこちらをご一読ください。

http://clinic-f.com/laser/fotona4d.html

 
クリニックのスタッフも驚くほどの人気定着ぶりですが、ダウンタイムがほとんどないのに、翌日からハリ感や透明感、リフトアップをご実感頂けるところが良いのでしょう。

 

また、他の機器では出すことのできなかったシミを浮かび上がらせて取り除いていくといったアプローチも得意としています。

 

つまり、4Dの良いところはお肌のどの層にも余すところなくアプローチできることなのです。

 

皮膚の表面である表皮、皮膚の深い側にある真皮、そして顔面表情筋の裏側にある粘膜にもレーザー光を届けます。

 

多くの層に働きかける様子を、実際診療ではミルフィーユになぞらえて説明することもありますね。

 

実際の施術は

 

1.スマイルリフト(粘膜)

 

2.FRAC3(真皮)

 

3.piano (真皮)

 

4.スーパーフィシャル(表皮)

 

 

の順番に行われます。

 

 

深い層から浅い層へ順に打っていくイメージです。

 

 

藤本先生のこちらのブログもご参照ください。

 

http://clinic-f.com/blog/laser/fotona%e3%80%804d/post_15659/

 

 

普段クリニックでトリニティプラスを受けられている方は、年に1〜2回を目安に4Dを混ぜて受けていただくのが定番となりつつあります。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -