TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

FOTONAスマイルリフトの招待講演終わりました

「目の下のたるみ」と「法令線」に効果があるFOTONAスマイルリフトの招待講演終わりました。

スマイル_1

スマイル_5

クリニックFでもとても人気のある施術ですが、なぜ効くのかがなかなか分かりにくかったのです。

レーザー光熱融解理論と顔面の解剖、さらに近赤外線の近年の発表演題によって理論説明させていただきました。

スマイル_4

さらに、エルビウムヤグレーザーに加え、ネオジウムヤグレーザーを加えて4種類のレーザー光を打ち込む、スマイル4Dについても講演させていただきました。

スマイル_2

スマイル_3

いつも美容医師の会でお会いする曽山先生や稲葉先生に加えて、日本医学脱毛学会の理事会の前にご参加いただいた富山の亀井康二先生や最近はヴェトナムでもご活躍の片桐衣理先生など、久しぶりにお会いした先生も多く、楽しかったです。


2016年4月号の光文社 美STに掲載していただきました

2016年4月号の光文社 美STに掲載していただきました。

美スト201604

美スト_1

美スト_2

クリニックFの今年の推しは、

fotonaスマイルリフトと

Venus Concept社光治療器ヴェルサです。

美スト_3

宜しかったらご覧くださいね。

詳細はこちらからご覧ください_1

詳細はこちらからご覧ください_2


今晩深夜便で再び欧州出張です

今晩深夜便で再び欧州出張です。

ジュネーブ、モントルー、パリ、ロンドン、パリの宿泊予定。

企業見学、クリニック見学、レーザートレーニングセンター見学、IMCAS Parisの学会参加と盛りだくさんですが、さまざまな情報を学び、1月31日に帰国予定です。

留守中は形成外科専門医の宮下宏紀先生がクリニックFに出勤してくれます。

キュテラ

こちらの機器。

今まで国内導入はわずか数台でしたが、2016年の流行予測の筆頭です。

ボディと顔のえら痩せのリフティングRF治療機器。

CUTERA社トゥルスカです。


Fotona社のスマイルリフト4D

本年のThe Aesthetic Industry Award 2016に選出されたFotona社のスマイルリフト4D。

クリニックFでは本年5月に導入してから、口腔内照射スマイルリフトと、下眼瞼結膜照射スマイルアイリフト

ともに年齢28-68歳の施術で、合計400症例を超えました。

クリニックFでも一番人気の機種になりました。

フォトナ

この機種は、エルビウムヤグレーザーとネオジウムヤグレーザーの2波長をベースに、他社で作れないほどの長いパルス幅を利用しているというのが特徴になります。

CO2 レーザーや短いパルスのエルビウムヤグレーザー機器では同じことができませんので、参入障壁が高いことがまたよいですよね。


The Aesthetic Industry Award 2016 フェイシャル機器の1位は

前回に引き続きThe Aesthetic Industry Award 2016の話題です。

痩身機器に続いてフェイシャル機器の1位は、各種部門ごとに選出されました。

 

フェイシャル_1

まずは、「マルチユースエナジー機器」部門でクリニックFでも大人気のスマイルリフト「フォトナ社のDynamis Pro」が選出。

こちらは今年一押しの機器でしたね。

フェイシャル_2

 

 

同様に「ベストフラクショナルレーザー」部門では「ソルタメディカル社のフラクセル3DUAL」が

フェイシャル_4

「ベストピコレーザー」部門ではシネロンキャンデラ社の「ピコウェイ」

フェイシャル_3

「脱毛」部門ではアルマレーザー社の「ソプラノアイス」が選出されました。

検討中のピコレーザーを除き今回すべてのアワード機種が、僕も選びグループ内で購入した機器でした。

レーザー機器に関して自分の見る目やバイヤーとしての勘は、今年も間違ってなかった・・・!と嬉しかったですね。


ASLMS米国レーザー医学会 臨床の2演題も通過しました

やりました!

来年4月にボストンで開催されるASLMS 米国レーザー医学会の演題ですが、昨晩、臨床の2演題も通過したと連絡がありました!

レーザー医療を専門とし、海外での実績を積むためには、この学会が最短の登竜門です。

日々の努力が報われる瞬間ですね。日本人を代表してよい発表をしてきたいと思います。

先週はフラクショナルレーザーアシストによるドラッグデリバリーの演題の口演通過連絡が来ましたが、今年提出した3演題がすべて通過したという事になります。

学会

1)こちらがエルビウムヤグレーザーを使用したスマイルリフトによる眼瞼下タルミ除去の40例症例報告

Dear Dr. Fujimoto:

Following review, it has been determined that your abstract, GET RID OF EYE BAGS INFERIOR CONJUNCTIVAL FORMIX APPROACH USING 2940nm Er:YAG FRACTIONAL LASER DEVICE is best suited, and has been accepted, as an Electronic Poster at the 36th Annual Conference of the American Society for Laser Medicine and Surgery to be held at the Sheraton Boston Hotel/Hynes Convention Center, Boston, Massachusetts.

2)こちらが脂肪減少RF機器のヴァンキッシュを利用した腹部CTスキャンによる評価報告

Dear Dr. Fujimoto:

Following review, it has been determined that your abstract, ABDOMINAL FAT SURFACE REDUCTION MEASURMENT USING COMPUTED TOMOGRAPHY: CASE STUDY is best suited, and has been accepted, as an Electronic Poster at the 36th Annual Conference of the American Society for Laser Medicine and Surgery to be held at the Sheraton Boston Hotel/Hynes Convention Center, Boston, Massachusetts.


第38回日本美容外科学会総会 プレセミナー Fotona社セミナーでの贅沢な時間

午後からは日本美容外科学会のプレセミナーに参加です。

921492129211

久しぶりの横浜・みなとみらいへ。

92139215

Fotona社のセミナーはおかげさまで無事終了しました。

9216

ワークショップでは、久保田潤一郎先生に助手をしていただきました。

なんて贅沢な。

9218

大先輩の隣で、いつにも増して緊張しましたがこちらもおかげさまで無事終了。

9219

明日も横浜です。

 


2015年 光文社 美ST11月号

あす発売の光文社 美ST 11月号が届きました。

bisto

今月号は クリニックF が4つの記事で載っています。

よろしかったらご覧くださいね。

詳細はこちらからご覧ください_1

詳細はこちらからご覧ください_2

詳細はこちらからご覧ください_3

詳細はこちらからご覧ください_4

詳細はこちらからご覧ください_5


5月ポルトルツにて FOTONA社ユーザーズミーティング

5月にスロヴェニアはポルトルツで開催されたFOTONA社ユーザーズミーティングの様子を改めてご紹介します。

 

フォトナ_2フォトナ_3フォトナ_4フォトナ_1

今年はこのFotonaの機械がクリニックFにとって「運命の一台」となりました。

フォトナ_5

出逢いの妙や、マーケットについて勉強になりました。

また来年どういう出逢いが待っているのか。楽しみに待ちたいと思います。


子供は夏に成長し、大人は夏に老ける FOTONA社スマイルリフト+スマイルアイリフト

今年の夏は例年に増して忙しかった気がするのは僕だけでしょうか?

スケジュール的にはいつもの夏とさほど変わりがなかったんですけどね・・・気象のせいもあるかもしれません。

今年はなんとなく、ほっと一息つく時間があまりない夏となりました。

でもその夏も本当に終わり。秋口の様々な変化で体調を崩されている方も多いようですので、気を付けてください。

教育の場で子供は「夏に成長する」とよく言われますが、美容の場では「大人は夏に老ける」と言われます。

旅先や非日常な場所で浴びる紫外線の影響に加え、脱水や冷房による冷え、また夏特有のあの雰囲気に乗せられてついつい不摂生が進んでしまったり、食事のコントロールがうまくいかなかったりすることもあるのでしょう。

一気に3歳~5歳くらい、見た目年齢や内臓年齢が加速してしまう人もいます。

逆に言うと、その過酷な夏を制し、この秋口から冬にかけてエイジングケアを積極的に出来る人が、アンチエイジングを体現できるということになります。

そんな背景もあり、毎年僕はクリニックのスタッフにこの時期、好きな施術を一つプレゼントしています。

今年は皆何を選ぶのかな? と興味深く見ていたところ、スタッフ全員が一致して 「スマイルリフト+スマイルアイリフト」 を選びました。

これには僕も正直びっくりしました(サーマクールとか言われなくてよかった(笑))

彼らなりに、患者さんのお顔の変化を観ていて選んでいるんですね。

フォトナ_1

フォトナ_2

スマイルリフトは、レーザーを口腔内と眼瞼結膜から照射し、「目の下のたるみや法令線、顔下半分のゆるみ」にとても効果的です。

通常のリフティングと違い、施術中まったく痛みが無いことも人気の秘密です。

当初は「何故こんなに効くのか?」と僕も理論的にわからない部分もあり、いろいろと考えたり調べたりしました。それもいまや懐かしいですね。

理論が理解しきれず導入に踏み切れないドクターも全国各地においでになると聞きますが、最初は僕もそうでしたからお気持ちわかります。

でもよく勉強するとその仕組みは必ずわかります。

実際患者さんにとっても結果がついてくるので、僕から特別二回目を勧めなくともリピートされる方がクリニックFではとても多いです。

フォトナ_3

フォトナ_4

フォトナ_5

そんなわけで依然大人気のスマイルリフトですが、写真は今年の5月にスロヴェニアはFOTONA社のユーザーズミーティングのエクスカージョンで先生方と訪れたスロヴェニアのワイナリーです。

綺麗なところでした。これもなんだかすでに懐かしいなあ。

また機会があればぜひ行きたいです。


Laser & Health Academyの参加証

先週参加した、スロヴェニアのレーザー企業FOTONA社のユーザーズミーティングLaser & Health Academyの参加証が送られてきました。

非常に勉強になる学会でした。

スロベニア

スマイルリフト(法令線+目袋のたるみ)、ナイトレース(いびき)、インティマ(尿失禁+膣引き締め)などのレーザー治療が可能な機器を作っているFOTONA社は、50年前に設立された老舗レーザー企業です。

旧ユーゴスラヴィア、つまり東欧旧ソ連圏で独自に進化したレーザー企業でしたが、数年前に支社であったFOTONA USAがスロヴェニア本社株を買い上げたことで、一気に米国でもメジャーになる土台ができました。

今年の注目株の一つです。

クリニックFでは、Nd:YAGとEr:YAGの2波長を搭載した最上位機種、SP Dynamisをインストールしています。

両波長ともに、レーザー機器業界で、「最長のパルス幅」を設定できる機種ですので、スマイルリフトとナイトレースの施術が可能になったのです。


FOTONA社スマイルリフト

口腔内照射アプローチのFOTONA社スマイルリフトの効果判定のため、

1)大きな豚皮つきの肉片

2)ラード

3)レバー

4)マーガリン

と、照射してみました。

口腔内照射なので、もっともよいモデルはレバーですね。熱照射による変色も見ることができました。

豚肉片は残念ながら変化が分かりにくかったですが、マーガリンでは照射パラメータを変えることで進達率が変わることも確認できました。

こちらは大きな豚皮つきの肉片。


フォトナ_1

フォトナ_2

こちらはラード。

フォトナ_3

こちらはレバー。

フォトナ_4

こちらはマーガリン。

フォトナ_5

今後はレバーとマーガリンを利用して、モデル実験をしてみようと思います。


Fotonaのスマイルリフト。スマイルアイリフト。

Fotonaのスマイルリフト。スマイルアイリフト。実は最初は僕も懐疑的だったのですが、法令線がなくなり、頬が上がります。目の下のゆるみが減少します。今までヒアルロン酸でしか対処ができなかった症例が対処できるのは驚きです。

fotona

効果を理解しようと毎日解剖の本を読んでスタッフにも説明しているうちに、かなり詳しくなってしまいました。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -