TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

「サーマクールFLX」について講演

僕は2000年からレーザー治療に関わっていますから、約18年の歴史があり、それこそ100台近い機器を購入してきていますが、その中で理論を聞いただけで一瞬で購入を決めた機種が7台あります。

やはり画期的な革命の起こる機器は、レーザーの目利き、レーザーキュレーターとしては必ず手に入れておきたい。笑

逆に何かが引っかかって直ぐに購入にならなかった機器は、付き合いで買う事があっても、最後までピンと来ないのですよね。

レーザー

2018年に僕がすぐに購入を決めた機器は2つあり、それが9年ぶりにアップグレードした元祖リフトアップ治療機器の4世代目「サーマクールFLX」と、筋肉を鍛え脂肪を減少させるMRIの理論にのっとった電磁場治療機器「エムスカルプト」です。

今週末にはJAAS日本アンチエイジング外科学会で安全性と効果が格段に上がった「サーマクールFLX」について講演させていただきます。


新世代のリフティングマシン サーマクールFLX

11月10-11日に品川で開催される、第九回JAAS東京ライブフォーラムにて「新世代のリフティングマシン サーマクールFLX」について講演させていただきます。

1

抄録はこちらになります。

 
クリニックF 院長/東京都市大学工学部医用工学科 客員教授
藤本 幸弘

 
サーマクールはラジオ波を利用して皮下脂肪層に貫通している線維束を熱収縮させることにより、皮膚の引き上げを可能にした機種である。

 

2002年12月にサーマクールの第一世代TC3が登場し、シミ取り、脱毛、血管腫以外の治療である、手術以外のたるみ治療、リフティングの治療が機器により可能になったことは、美容外科業界に大きな衝撃を与えた。

 

2004年にサーマクール認定医資格が設立されたが、演者は日本で最初に認定医を取得して以来、2007年に発売された第二世代のNXT、2009年に発売された第三世代のCPTと進化した最新のサーマクールを常に活用してきた。

 

2018年に約9年ぶりに改良されたサーマクールFLXは従来機種と比較して、大きな照射面積(3.0㎠より4.0㎠へ)、より深い深度(2.6㎝より4.0㎝へ)、さらに痛みを抑制するためより優れた振動(垂直方向より縦横方向の振動へ)を手に入れた機器である。

 

本稿では、約60名のFLX照射体験より、効能の違いおよび、より効果の出せる照射方法について検討を重ねたい。

 
一般社団法人 日本アンチエイジング外科学会 JAAS
https://www.jaas-academy.com/


光らず、痛くない!サーマクールFLX

今日も診療が終わりました。

40014489_10217511941458856_6064945708346114048_n

40021498_10217511928298527_3451865529327812608_n

 

サーマクールFLXを自分に打ってみました。

サーマクールFLXの良いところは、顔の全体が均一にリフティングされて縮むため、違和感なくそのまま5-10歳若かったときの顔になるところですね。

いわゆる作った顔では無いので、自然なんです。

 

40082641_10217511928778539_1694277981666541568_n

39999727_10217511928538533_8712237208842534912_n

光らないし、痛くないので、普通に自分打ちが出来るのが凄いです。


2018年の大型新機種サーマクールFLX

2018年の大型新機種サーマクールFLX。

本家本元のリフティング医療機器サーマクールの開発した、まだ正式販売前の第四世代のサーマクールFLXですが、旧サーマクールCPTと並べて打って照射方法を検証中です。

134

照射野は3㎠から4㎠へ拡大し、痛みを軽減するバイブレーションも縦横立体的になり、痛みもスピードも改善されましたので、より良い打ち方があるはずで、最も良い照射方法を考えています。

2

患者さんにデビュー出来るにはもう少しですかね。

休診日の今日は鏡を見ながら自分打ちしましたが、僕の顔も一回り小さくなりました。第三世代の機器より均一に深くエネルギーが分散されている印象です。

照射直後の引き締め感が全く違いますね。

これは一大ブームになる予感がしますよ。


エクラでトゥルースカルプ

今日の診療後は、大阪市大の学長と工学部教授と一部上場企業会長との健康ビジネスの打ち合わせに行ってきます。

1

こちら今日発売のエクラ5月号にてクリニックFの痩身機器であるトゥルースカルプをご取材いただいた記事が載っています。


雪の外来、1月に人気の施術は

本日外来を務めております西嶌順子です。

jn
今日は一段と寒く、外は予報通り雪が降っています。

交通機関にも影響が出ており、数名ご予約のキャンセルも出ております。そんな中でも遥々遠方からいらして下さった方もいて、無事にお帰りになれているか少々心配です。

明日は積っているとの予報ですので、明日のご予約の方も含め、どうかご無理のないようされてください。

年末にはダウンタイムのある施術が多かったですが、年が明けてまたトリニティプラスやfotona4Dなど肌作りのベースとなる施術が多くなりました。スマイルリフトも相変わらず人気で、やはり今の時期はダウンタイムのないものが比較的人気のようです。

プラズマ機も二台いずれも良く稼働しています。ニキビや円形脱毛症、薄毛などに照射することが多いですね。

私自身は最近子どもが夜泣きをするようになり、寝不足が続き肌荒れしやすくなりました。
睡眠や食事も肌作りには大事だということを痛感します。

藤本院長が出版された、「美しくやせる食べ方 ディフェンシブ栄養学」を読み最近食生活の反省もしています。

我が家は糖化対策や抗酸化対策があまりできていなかったように思います。
抗酸化対策としては、食事以外にもサプリメントや高濃度ビタミンC点滴、水素点滴などの方法もあります。

当院では点滴をしながらレーザーを受けることも出来ますので、美肌を目指す方だけでなくストレスの多い環境にいる方などにはおすすめしています


鼻の下を若返らせる 皮膚を縮めて鼻下を短くする

クリニックFには、60代~80代の患者さんも多く、かなりの割合でいらっしゃるのが、過去にフェイスリフトや下眼瞼・上眼瞼他様々な美容整形手術を経てこちらにご来院されるケース。

中でも一つとても多いご相談は、口の周りに関するお悩みです。

口の周り・・・特に鼻の下から上唇にかけての部分がシワっぽくなってしまい、緩んで鼻の下が長くなっている気がする。

けれど、それは美容整形では治療が難しいと言われた

別の手段でどうにか出来ないか調べてみた結果当院を知るに至った

そうおっしゃってお越しくださるのですよね。

こうした方がどの施術を求められているかといえば・・・

こちらです。

 

 

いびき治療_2

http://clinic-f.com/laser/fotona4d.html

 

s

 

口腔内に照射できるスマイルリフトを搭載し、皮膚に対しても様々な波長によるアプローチが可能なフォトナ4D。

鼻の下皮膚に対してはもちろん、上唇の裏側粘膜に対しても丹念に照射することが可能で、直後からふっくらした感覚をご実感頂いています。

今年はフォトナ社の機器に対する認知度がここ日本でも上がり、お問い合わせも以前より増え、非常に安定した機器として人気を保っています。

レーザー・光治療が得意とする、皮膚を自然な形で若い頃のようにふっくら、瑞々しい感じに仕上げること。

まだ未体験の方はぜひ一度ご体験くださいね。

 

 

 


FOTONA社スマイルアイリフト×DEKA社マドンナリフトを組み合わせたら

目元周りの非観血的な施術では、クリニックFで行なっている目の下の結膜からアプローチするたるみ治療のFotona社スマイルアイリフトと、目の上から照射するCO2フラクショナルレーザーのDEKA社マドンナリフトを組み合わせて説明しました。

12

3

45

6

笑いもバッチリとりました!


EndyMed Pro iFine 石垣島

西嶌順子です。今日の外来を担当しています。

j

今日はEndyMed Pro iFine=エンディメッドも良く稼働しました。

 

クリニックFでは、エンディメッドを目の周りに使うことが多いです。

e

まぶたのたるみやむくみ、クマやちりめん皺を改善するのに効果的でダウンタイムもないところが人気です。

詳しくはこちらをご参照くださいね。

http://clinic-f.com/memoto/07.html

 

先週はお休みをいただき、石垣島に家族旅行で行ってきました。

 

休診でご迷惑をおかけした方には大変申し訳ありませんでした。

石垣島は東京から直行便があるので便利ですね。子供連れの方が多い印象でした。

 

j1
石垣島では、素敵なお店を見つけました。
炭火焼肉の石垣屋というところに行ってきたのですが、広い完全個室には子供用の椅子、絵本やたくさんのおもちゃが用意してあり感激しました。

石垣牛も美味しく、お値段は良心的でした。

ゴーヤが苦手な主人も、石垣屋のゴーヤサラダは美味しかったようです。
食の好みは主人と似ているのですが、ゴーヤ愛に関してだけはかなりの温度差があったのでうれしかったです。

おかげさまでリフレッシュでき、また仕事も育児も頑張れそうです。

藤本先生が指揮をとる江ノ島のプロジェクトについてもまたご報告しますね。


静かなDEKA社オフィスにて

フィレンツェはDEKA社のオフィスに行ってきました。

d2d3d4d6d7d8d5

今日はファクトリーがお休み。

本社をほとんど貸切の状態で、副社長のマウロガリ博士と機器のアップグレードと共同研究テーマについて打ち合わせをしてきました。

静かなオフィスで良い話ができましたよ。

d1

特に今年は僕も慶應義塾大学薬学部で薬学博士号が取れたばかりなので、マドンナリフトやスマートサイドスクエアを使ったフラクショナルレーザーアシストのドラッグデリバリー後の、生体内のサイトカインカスケードをパヴィア大学と研究する事になりそうです。

新たなレーザーの機序が、薬学的な側面でも解明できるかもしれません。

d9

飽くなき知的好奇心の探求。楽しみです。


e-Plus活躍の日

本日外来を務めております西嶌順子です。

ヌーボー_2

今日はe‐Plusが大活躍の日でした。

クリニックFのHPでもアクセス多く頂くトリニティプラス、ギャラクシープラスで人気の機器です。

「シネロン/キャンデラ社史上最高のスペックをもつ複合治療効果器」と言われ、光、レーザーにRF(高周波)を組み合わせ同日照射する事による相乗効果を狙った施術になります。

eplus

http://clinic-f.com/laser/eplus.html

e-Plus以前にあった従来の光治療では、真皮までエネルギーを届けるのに強い光エネルギーが必要でした。

e-plus登場によってRFエネルギーは真皮へと到達し、光エネルギーを補完するため強い光エネルギーを必要とせず、より高い治療効果と痛みや火傷などのリスクを回避する安全性が実現されたのですよね。

深達度の異なる3つの機器を同時照射することにより、お肌の最下層から最上層まで網羅して熱を加えていくことができますので、クリニックFでは「お肌の平均点を上げ、それを保つ」機器として非常に安定した人気を誇っています。

その上でイオン導入、トランサミン導入を行ったり、サプリメントなどで日々のケアを内からもおこなうと本当に目を見張る効果を得られます。

定期的に通ってくださっている患者さまはやはり肌の透明感が高く綺麗で、カウンセリングをしながら私自身ひそかに毎回その肌の艶や輝きに見惚れてしまっています(笑)。

 


目元外来のページが完成しました

クリニックFでは目元周りのお悩み、アンチエイジングにもレーザーでご対応、治療を行っています。

目の周りの皮膚は薄く、負荷がかかると非常にその名残が出やすいのはご存知の通りです。

また、やはりこの5年ほどはスマートフォンなどの酷使で瞳や目の周りに力がなく、老化が進んでしまっている方も多い。瞼の緩み、たるみ、目の周りのシワ、くすみ、くま・・・と年齢問わず様々なお悩みがありますね。

プチ整形、美容整形を考える方も依然多いエリアである一方、当院にお越しくださる方は「できればメスや注射針を使ってほしくない・・・」というご希望の元ここに辿り着かれるケースが多いのです。

eye

そういった方のために、レーザーでどういったことができるのかをできるだけわかりやすく平易な言葉を使ってまとめたページを作成してみました。

http://clinic-f.com/memoto/index.html

良かったらご参考にされてくださいね。

 

 

 


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -