TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

ほうれい線やニキビにXD1540

先日ブログ(http://clinic-f.com/blog/laser/post_17417/)でもお話しした
スターラックスLux1540XDですが、ご興味をお持ちくださった方からいくつかご質問頂きましたので、今日はもう少し追加のお話を書き加えておきたいと思います。

 

xd_2

xd_5

xd_3

XDに関する懐かしい写真もすこし。

2011年ですね。

 

XD1540はほうれい線やちょっとしたニキビにノーダウンタイムで打てることも特徴の一つです。
アメリカの学会では数年前パワー設定や照射の仕方によっては額の皺にも着実に効果がある、ボトックスよりも良いかもしれないと話題になりました。

 

 

そうしたことからクリニックFでは、ギャラクシーやトリニティといった機器で全顔の照射を行った後、オプションで部分的に気になる箇所のみに照射される方も最近また増えていますね。
アゴ、頰、額、鼻などブロックを決め、そこに集中して追加で打つ方法です。

 

部分的な皺を気にされる方、部分的な毛穴やニキビ跡を気にされる方がその部分だけの照射を御所望されるのです。
基本的に、照射中や終了後の痛みは、ほんの僅かにジンジンとした感覚を除けば非常にマイルドなものです。
そのため麻酔塗布の必要もありません。

 

そうした側面からもフラクセルやマドンナリフト、ヘイローといった機器に尻込みしてしまう初心者、痛みに弱い方、ダウンタイムが困る方にも抵抗なく行えるものだと思います。
「部分照射に強いフラクショナル機器」といったイメージでしょうか。

照射後多少の赤み、腫れ感はありますが、エネルギーも高く深達度もあり、より深くまで線維芽細胞を活性化させることができるのです。
XDのフラクショナルは、リサーフェシングというよりは、光線を集中することで深達度を上げる為に設計されているのですよね。

 

 

1540は近赤外線波長なので、人によって過敏反応する可能性はあります。
そのため初回は反応も見ながら保守的に打っていきますのでそうした安全面でもご安心頂けるかと思います。
照射した患者さんのご感想を伺うと、照射後3日目くらいに皮膚のテクスチャー変化がとても感動的だそうです。
こうしたお話を聞くと素直に嬉しいです。

 

xd_4xd_1

 

写真はインドで開催された国際学会でXD1540について招待講演及びデモンストレーターをした時のものです。


サンディエゴで開催される米国レーザー医学会(ASLMS)の演題

来月頭に米国はサンディエゴで開催される米国レーザー医学会(ASLMS)の演題ができました。

一つはキュテラ社トゥルスカ施術の顔面への応用で臨床ポスター発表。

学会_1

学会_2

学会_3

学会_4

もう一つは温度応答性のリポゾームを利用したレーザードラッグデリバリーの基礎実験の口頭発表。

こちらのPtは、5回の施術を行ったのち、顔面認証システムが反応しなくなり、写真を取り直したのだそうです。

首から頬にかけてのラインが明らかに変わりますね。


宮下宏紀先生 マドンナリフト

今日のクリニックF、外来は宮下宏紀先生です。

 

 

 

 

春が近づいてきたせいか、マドンナリフトやフラクセルなどの施術が最近また増えてきました。

 

http://clinic-f.com/laser/smartxide.html


花粉症による目のかゆみや充血にも 新メニュー「4Dアイ」

今日のクリニックF、外来は宮下宏紀先生です。

m1

クリニックFでは診療の際、パワーポイントを使った説明を積極的に取り入れています。

診療の合間にこれらの見直しや編集作業をするのも医師の大切な仕事です。

今日は新しくできたFOTONA社の4Dを使って行う目元のゆるみやたるみ、シワ、クマなどを改善するメニュー「4Dアイ」について、資料を作成、既存のものにも手直しを加えてくれているようです。

m2

アンチエイジングのみならず、花粉症による目の痒みや充血にも効果があると、今週も患者さんから大人気です。

4DについてはHPでも詳しくご紹介しています。ぜひこちらもご一読ください。

http://clinic-f.com/laser/fotona4d.html


Fotona4D スマイルアイリフト

今日は宮下先生とスマイルアイリフトの施術方法をグレードアップしようと相談しています。
fm343
機械は本当に使い方次第で結果が変わりますね。
また使えば使うほど理解が高まり、工夫の仕方もわかってくる。そこがまたおもしろい。
さらにパワーアップした施術をお届けできそうです。
楽しみにしててください。

Fotona4Dは今年も人気

クリニックFで金曜日土曜日の外来を担当している宮下宏紀です。

m

今日も朝からおかげさまで沢山の患者さんに恵まれました。

美白、皺の改善、たるみの引き上げ、肌の質感の向上・・・といった美肌・アンチエイジング治療のクリニックですが、傷跡の修正を希望される患者さんも最近増えてきましたね。

僕自身も治療を通して様々な発見もあり、楽しく仕事をさせてもらっています。

ここから今日も後半戦。頑張りますね。

***

 

以前こちらでもお話したことのあるフォトナ4Dですが、お正月明けても人気がまだ続いています。

4Dがどんな機器なのかについてのご説明はこちらをご一読ください。

http://clinic-f.com/laser/fotona4d.html

 
クリニックのスタッフも驚くほどの人気定着ぶりですが、ダウンタイムがほとんどないのに、翌日からハリ感や透明感、リフトアップをご実感頂けるところが良いのでしょう。

 

また、他の機器では出すことのできなかったシミを浮かび上がらせて取り除いていくといったアプローチも得意としています。

 

つまり、4Dの良いところはお肌のどの層にも余すところなくアプローチできることなのです。

 

皮膚の表面である表皮、皮膚の深い側にある真皮、そして顔面表情筋の裏側にある粘膜にもレーザー光を届けます。

 

多くの層に働きかける様子を、実際診療ではミルフィーユになぞらえて説明することもありますね。

 

実際の施術は

 

1.スマイルリフト(粘膜)

 

2.FRAC3(真皮)

 

3.piano (真皮)

 

4.スーパーフィシャル(表皮)

 

 

の順番に行われます。

 

 

深い層から浅い層へ順に打っていくイメージです。

 

 

藤本先生のこちらのブログもご参照ください。

 

http://clinic-f.com/blog/laser/fotona%e3%80%804d/post_15659/

 

 

普段クリニックでトリニティプラスを受けられている方は、年に1〜2回を目安に4Dを混ぜて受けていただくのが定番となりつつあります。


Fotona4D 宮下宏紀先生

クリニックF、今日の外来は宮下宏紀先生です。

dr-m

年末は地方御在住の方や仕事収め後の男性患者さん、日本にお正月で一時帰国中の方、旅行で来日中の外国籍の方・・・などなど普段に増してヴァラエティ豊か。

コミュニケーション力高い先生が日本語英語フル稼働で診療にあたっています。


CUTERA社 トゥルスカの講演

 

CUTERA社本社にてトゥルスカの講演でした。

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%971

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%972

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%973

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%974

 

細かくディスカッションができるように、人数を制限して小規模で行うRFの勉強会も兼ねていました。

 

 

%ef%bd%b7%ef%bd%ad%ef%be%83%ef%be%975

 

トゥルスカは、痩身の機器としてももちろん使えますが、顔のリフティングの機器としての使用の方がはるかに使い勝手が良いと思います。

4月サンディエゴの米国レーザー医学会で演題発表しますので、また事後報告兼ねて行う予定です。

 

 


FOTONA 4D

東京では宮下宏紀先生がクリニックを守ってくれています。

m

こちらはFOTONA 4D。

fotona4d

クリニックFでは、トリニティの上位機種的な位置づけで、1年に2回~3回こちらを受ける方が多いのです。

fotona4d-2

fotona4d3

特に肌のハリ感やキメに関しては非常に良いと好評です。

年末が近づいてきたせいか、FOTONA 4Dやサーマクール、ウルセラ、マドンナリフト等の稼働率が上がってきました。


ハースト婦人画報社RichesseリシェスNo.17に掲載されています

今季号のリシェスに載せていただきました。

%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%b9_1

眼瞼下垂のマドンナアイリフト。

クリニックFでは随分前からのメニューですが、他に替える施術が無いだけに、息の長い治療ですね。

%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%a7%e3%82%b9_2

今季はクロアチアの特集でした。

%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%b9_3


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -