TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

2017年夏の医療痩身

今日もクリニックFの外来をバリバリやっています。

夏になって日焼けとともに、もう一つよく相談されるのが痩身についてです。

医療痩身は、一般的な痩身とは違い、単に体重を減らすのではなく、痩せたい部位だけを痩せられるのがメリット。

ボディビルダーの様にストイックに痩身している方々が、どうしても体に残る脂肪ってありますよね。

医療機器を使うと、その特定の脂肪が取れる。
それが、

リアル ボディ スカルプティング (実際の体への彫刻)
と言われる所以です。
痩身機器は今から約10年前から開発されてきました。

僕も2008年のオーランドの米国レーザー医学会の頃から、企業の秘密のカクテルパーティに呼ばれたりして、こうした機器についての作用機序の効果などを相談されていました。

今にしてみれば世界の第三の指に入る美容医療機器企業になったゼリティック社も、こうしたコアドクターの話を聞くことで最初はスタートしたんですよね。
http://clinic-f.com/blog/international/post_575/
痩身機器の作用機序に分けて大きく分類すると
A)脂肪を(3Dで) 減らすもの
B)緩んだ皮膚を(2Dで)縮めるもの
のふたつに分類されると思います。
要は、水風船を想像してもらい、
A)水を減らすもの (ボリュームダウン)
B)風船を縮めるもの (皮膚の伸びへの対処)
を別個に対処しなければならないのです。
脂肪吸引などをして、せっかく脂肪が減っても、その後皮膚が伸びたままになってしまい、皮膚を縮めるような再手術をしていた時期もありました。

 

body3
機器的には、凍らせるもの、温めるもの、運動してエネルギーを使うもの、に分かれます。
◉凍らせるものは
○クールスカルブティング いわゆるゼルティック 効果はAのみ
脂肪細胞を氷結させることで、アポトーシスに導くもの。
こちらは脂肪を減らす能力は高いですが、肌を縮める能力は低いですので、そうした機器の併用が大切ですね。中国製や韓国製のコピー商品がエステ業界に入っていますが、事故が多いので注意が必要だと思います。
◉温めるものは
1)RF(ラジオ波)による加温 効果はA+B
①RF単体
◎サーマクールボディ
◎インディバ
〇ヴァンキッシュME
◎トゥルスカ
RF加熱の継続時間や深達度、さらには熱だまりの大きさやエンドポイントは、機器によって違います。
②RF+パルス磁場による加温
◎ヴィーナスレガシー

パルス磁場を組み合わせることで、脂肪細胞の加温速度と血管新生が増し、より脂肪代謝率を上げる。
③RFによる加温+エレクトロポレーションによる脂肪細胞破壊
◎インモード BODY FX
RFによる加温中に、高電圧のエレクトロポレーションを用いて、脂肪細胞膜を破壊し、より脂肪代謝率を上げる。
2)超音波による加温 効果はBの作用が主ではあるがAの効果も
①超音波のキャビテーションを用いて、加温する
○ヴェラシェイプ
○ウルトラアクセント
○エクシリス
②HIFU (焦点集中型超音波)による加温
○リポソニックス
○ウルトラシェイプ
3)近赤外線レーザーによる加温
○スムースシェイプ
スカルプシュア
◉運動してエネルギーを使うものは
筋肉運動(EMS)による運動 効果はA
◎indepth
◎AC BODY
5)バイブレーションによる痩身機器
こちらは経験がありませんが、可能性はありますね。
ちなみに○は使用経験のあるもの。

◎は、現在クリニックFで採用しているものです。
今は痛みの少ないトゥルスカ、ヴィーナスレガシーや、ちょっと痛いけれど、効果の高いBODY FXなどが人気ですね。
まだまだ暑い日が続きますが、クリニックFでご相談くださいね。

 


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -