TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

家庭画報9月号「更年期からの育毛・発毛」

今日のクリニックFは宮下外来です。

世界文化社より発行されている家庭画報9月号「更年期からの育毛・発毛」という特集記事でクリニックF院長の藤本と、院内でご案内しているサプリメントをご紹介頂きました。

kg1kg2

 

とても読み応えある特集でした。

 

kg3

ぜひお手にとって御一読下さい。


「肌の細胞を増やす治療」培養皮膚治療

金曜日と土曜日の外来を担当している宮下宏紀です。

まだ自分の公式ブログがないので、藤本先生のブログに今日はお邪魔しています。

%e7%82%b9%e6%bb%b4

水素点滴良かったですよ(笑)。

***

さて、今日のテーマは再生医療です。

11/10夜は、培養皮膚によるアンチエイジング治療の第一人者である北條元治先生に来ていただきクリニックFで勉強会を行いました。

%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a_1

夜遅くまで盛り上がり話は尽きませんでした。

従来より美容皮膚治療は数多くあり、大きく分けると肌の細胞をより働かせる高周波・血小板などの治療と、異物を入れてバランスを整える注入・ボトックスなどの治療の2種類に分かれていました。

2種とは一線を画して、「肌の細胞を増やす治療」ということになります。

できあがった培養皮膚の利用法としては、従来は細かく1mm間隔で皮膚浅層に注射をしていましたが、クリニックFで行う際はもう一工夫加えて、フラクショナルレーザーで出来た小さな穴を利用したり、プラズマの深達性を利用した利用法を検討中です。

複数の治療の組み合わせによる相乗効果が楽しみですね。

患者さん自身から採取した組織や細胞を培養してまた体に戻すという治療は、第2種再生医療というものにあたり、厚労省の認可を受けたクリニックでないと行えない類のものです。

クリニックのレベルで第2種再生医療の認可を受けているのはまだ10院程度しかないですが、幸いクリニックFは第2種の認可を受けられそうで11月下旬には培養皮膚を利用した治療が開始できる見込みです。

一度採取した自分の若いときの細胞はセルバンクの-196℃の液体窒素タンクに預ければ数十年の保管が可能になるので、働きが元気なうちの細胞を将来に備えてとっておくことが出来るというメリットもありますね!

m

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -