TOP
藤本院長のブログ(新国際学会周遊記)

今日の僕の職場

今日の僕の職場。

出張が長いので、クラッシュする可能性を考え、Mac Book Air, Surface Pro 4, i Pad Pro12.9inchをそれぞれキーボード付きで持って来たのですが、研究、医療、経営とそれぞれ目的を変えて使えますので、マルチタスクで仕事をする僕にはぴったりでした。

PC

今度からこのパターンにしよう。

どの機種も一長一短ありますものね。


名門クライストチャーチ・カレッジ

昨晩帰国して、クリニックFの外来をやっています。

オックスフォードでは自分の写真がなかったのでこちらを。

名門

キャメロンやサッチャーなどの多くのイギリス首相も輩出している名門クライストチャーチ・カレッジです。

不思議の国のアリスの著者ルイス・キャロルもここの出身者なのです。


ロンドンより帰国しました

無事にロンドンより帰国しました。

ビジネスにマイルでアップグレードできるチケットを買ったつもりだったのですが、「お客様のチケットですと片道分しかアップグレードできないタイプのもので、買い直しになります。」と冷たく言われ、長いロンドン東京便をエコノミー帰国となりました。

航空チケット複雑すぎです。

さすがに長旅疲れましたが、明日からまた頑張ります。

飛行機

今でこそビジネスに乗れますが、僕は研究者の息子でしたし、資産家でもなく、ついこの間までは毎年何度も海外発表でエコノミー使ってきました。

長距離飛行をエコノミー座席で楽に過ごす方法をなんとなく、習得しているんですよね。

一番大きなポイントは前日から到着地時間を意識してあまり寝ないようにすることと、機内では水と適度なアルコールのみにして、食べないことです。

気圧が低いと旨味以外の味覚が鈍麻になりますので、乗る前や降りてから食べた方が明らかに美味しいですよ。

最近では航空機の機体による差も大きいですよね。

構造に金属が少ない787は、機内の気圧も湿度も下がらないので、全く疲れが違いますね。


購入したのはこちらの細身のネクタイ一本

サンディエゴでのレーザー学会発表に始まりスコットランド、ロンドン、オックスフォードとアポをこなし、2週間に及ぶ出張。

購入_1

購入_2

購入したのはこちらの細身のネクタイ一本でしたが、これはかっこいい。

お気に入りの品になりそうです。


ミュージカルアラジン

オックスフォードから戻り、ロンドン最後の夜。

ニューヨークでも常に満席で話題になっているミュージカルアラジンが2016年6月よりウエストエンドで上演されていると聞いて、Prince Edward Theatreに観に行きました。

前回来た時は、この劇場でミス・サイゴンを観たのですよね。

ロンドン_1

ロンドン_2

イースターマンデーの今日。

当日券は当然売り切れで、チケットセンターに出たリターンチケットを当日一人で買うなら、観られるのではないかと思い、上演時間に劇場に行ってみました。

案の定4枚のチケットが戻された様で、並んでいた目の前の家族連れがバラバラの席ならとキャンセルしたため、僕はまさにその4枚目のチケットを幸運にも手に入れることができました。

支払いの時、現金しかダメだよと言われ財布の中を見ると、コインを除いてチケット代ぴったりの55ポンド分の紙幣が残っていたのです。

運を感じました。笑。

ロンドン_3

ロンドン_4

ロンドン_5

アラジンはご存知ディズニーのアニメ映画のミュージカル版で子供向きかと思いきや、素晴らしい踊りと歌のシーンの連続で大人も本当に楽しめる内容でした。

お薦めします。

これはロングランになるでしょうね。

特にアラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗って、「A Whole New World」を歌うシーンの演出が素晴らしく、「(僕を信用してついてきたら)全く新しい世界を見せてあげるよ」という台詞の真意が初めてわかった様な気がしましたよ。

実はこの歌、僕はカラオケで得意な歌なのですが、英語版でうまくハモってくれる女性がなかなかいないのですよね。笑。

ロンドン_6

最後の明日は、ロンドンでクリニック見学をして夜便で帰国予定です。

米国サンディエゴと英国と出張が連続してしまい、関係者の方々にご迷惑をおかけしましたが、20日よりクリニックFの藤本外来を再開させていただきます。


バゲッジロスト

今回は羽田発ヒースロー経由のブリティッシュエアウェイズ行き便でバゲッジロスト。

実はスコットランドで2日間も荷物待ちしたのですが、なんとエジンバラからロンドンBA便で再びバゲッジロスト。

飛行機_1

飛行機_2

ロンドンのホテルで荷物に再会したのは丸1日以上経過した後。

ようやく届いたトランクのタグに RUSH やら Special Delivery の文字が。

本気で急いでいるのか??? クレームする気も失せました。苦笑。

つくづく日本って素晴らしい国ですね〜。


世界最古の名門プライベートコースのミュアフィールド

そしてセントアンドリュースよりもラウンドすることが難しいと言われる世界最古の名門プライベートコースのミュアフィールド。

こちらも細い伝手を使って回ることができました。

コース入口には全く掲示もなく、門が1つあるだけ。

こちらの門の中は別世界でした。

ネクタイ_1

ネクタイ_2

ネクタイ_3

ネクタイ_4

ネクタイ_5

ネクタイ_6

ネクタイ_7

プレー後の食事は、ネクタイ着用が義務づけられているので、ジャケットに着替え食事をいただきました。

buffet形式でお酒も飲み放題。

長いテーブルで会員さんと並んでいただきます。

残念ながら建物内部の写真は一切禁止でした。

リンクスコースとしてはトラップも少なく、回りやすかったと思うのですが、何せ風が強くパーを取るのが至難の技でしたね。

ついこの3月の事でしたが273年の歴史の中で未だに女性会員を認めなかったことから、全英オープンのローテーションから外される事になったため、女性会員の門戸を開くことを会員選挙にて決定したと報道がありました。

ちなみにこのコースで行われた全英オープンのベストスコアは109回大会で青木功が記録した“63”です。

キャディさんとも「世界の青木」の話題で盛り上がりましたよ。


セントアンドリュース

セントアンドリュース。

憧れのオールドコース抽選を見事引き当てプレーして来ました!

ゴルフ_1

ゴルフ_2

特に驚くのがスコットランドの壁のようなバンカー。

写真の人の大きさを見ていただければお分かりかと思います。

ゴルフ_3

ゴルフ_4

ゴルフ_5

ゴルフ_6

18ホール中、2度落ちてしまい、どちらも脱出に5打づつかかりました!

それだけで、+10。

ですが世界最古のゴルフコースでイーグルチャンスもありましたし、本当に素晴らしい体験でした。

ゴルフ_7

現地でわかったのですが、このオールドコースを回るための方法が4つあるのです。

またブログにでも書きますね。


スコットランドランド滞在3日目

さてスコットランドランド滞在3日目、様々仕事を終えた後、憧れのこの地にやって来ました。

セント_1

セント_2

セント_3

セント_4

セント_5

週末はこちらで過ごします。

目的はもちろん…。


ウヰスキーの

シンガポールの有名眼科医のDr. Steve Seah のお気に入りのウヰスキーのお店に連れて来てもらいました。

ボトルが1000本あるのだとか。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc_1

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc_2

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc_3

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc_4

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc_5


新国際学会周遊記

カテゴリー
  • News - クリニックからのお知らせ -
  • Guest Room - ゲストルーム -
  • Media - 掲載記事一覧 -